MirrorSiteチュートリアル

通常は下記のような自動型のビュー形式です。これでホームページメンテナンスのすべてが行えます。

どうしてもExplorer風の手動でファイル操作をしたいときの手動型ビューも下記のように搭載されています。

さて、きっとあなたはすでに自分のホームページを構成するファイル群を手元(ローカル)のPC上に用意していることと思います。ホームページはHTMLファイルなどファイルの集合なので、予めローカルPC上でファイルを編集してから、まとめてプロバイダのFTPサイトに転送するのが一番確実で、かつ接続時間の節約になります。 では、すでに転送したいファイルができているとして、いろんなケースにあわせてMirrorSiteで解決する方法を勉強しましょう。

FTPサイトの開設方法

ホームページエディタは何を使うか
NIFTY SERVEにホームページを開設する場合
メインサイトを1つ作る場合
メインサイトとミラーサイトを作る場合

いろんなテクニック

転送する前にホームページの矛盾を検査する方法
プロバイダが用意したディレクトリを転送から除外する方法
転送しないディレクトリを指定する方法
ASCIIモードでファイルを転送する方法
ファイルの大文字小文字を揃える方法
.htaccessファイルの作り方
FTPサイトの時間差計測を省略する方法

ケーススタディ

ホームページのファイル一式がない出張先でメンテナンスするとき
離れた2個所のPCで同一ホームページをメンテナンスするとき
モバイル環境でホームページをメンテナンスするポイント!