昨年9月にクロが他界し、あのような悲しい思いをしたくないのでもうニャンコ
は飼わないと思っていたのですが、今年の春先に野良の割には綺麗な猫が遊びに
来ていました。体もクロに比べてどっしりしています。しかも慣れていて触って
も問題なし、ご飯と牛乳をあげていました。だんだんおなかがおおきくなってき
て少しの間見かけませんでしたが、ある時おなかがペチャンコになって来ました。
約一ヶ月後、子猫を連れて来ました(普通な数匹なのに何故か一匹)しかも絨緞
のような変な模様です。
いつの間にか家の中にいるんです。あまりに変な模様とちびっこいので「ちびた」
と呼んでいました。でもクロのこともあり飼うまいと思っていたのですが、今月
の頭にノミの注射+ワクチンをしてきました。
獣医さん曰く「アメリカンショートヘアの血が混じっている」との事です。
その後、しりあいの猫好きのご夫婦に相談したところ「アメショーは体が大きく
なるのでちびたというのはカワイソウ、多分5kgになるんじゃないの」と脅され
て落ち込んでいます(クロは3.5kgだったのでそれ以上は巨漢、みぃちゃんや
クリリンちゃんのように大きいのはイヤダ〜)
しかも「女の子なのに「ちびた」というのもねぇ...」
それに、とってもいたずらで、よく噛むし(一人っ子だから!?)、ストッキングは
穴だらけ、障子はボロボロ、家中フルスロットルで走り回っています。
この秋までには2回目のワクチンと避妊手術をしてあげなくてはいけないのです
が、まだ決めかねています。
来月のクロの一周忌なんです。


タヌかあさん


ちびた


クロ


ちびた


こんにちは、もう家に上がり込んだら飼うでしょう。それにワクチンまで打ってきたのですから飼う宣言したようなものです。
それに、こうして向こうから猫がやってきたというのも何かのご縁と言うことで、飼ってみては?
デカクなるかも知れないけど、それはそれで。巨漢のクリンちゃんもかわいいですよ。


猫メールに戻る