ike様

みぃちゃんが「おなかモミモミ攻撃!」を受けている写真をみて、うちの猫を思い出
してしまいました。

2月末に、家族で飼っていた猫が大往生を遂げました。母のいうところ19歳、アル
バムの記録からは18歳でした。虚弱児といってもよい生れにも関わらず、最後の2
週間、腎臓がとうとう動かなくなるまで病気知らずの猫でした。(ついでにいうと、
前歯および牙は8歳くらいで取れてしまい、奥歯は歯石で茶色でしたが、何の問題も
ありませんでした)

自分で健康に非常に気を遣って、食べるもの、生活リズムなど自己管理の行き届いた
猫でしたが、その一つに「おなかのマッサージ」がありました。巷に「猫マッサー
ジ」や「犬・猫のための指圧・ツボ」などという本が出ておりますが、そんな本の出
版されるかなり前からマッサージをさせていた猫でした。毎日2・3回、少しお腹が
張っていると4回くらい、欠かさずお腹のマッサージを私に要求していました。夜中
の1時にクタクタになって残業から帰ってきても、マッサージの命令からは逃れられ
ませんでした。出張などで私が留守の場合は、母が代役を務めましたが、満足はして
おらず、帰ってきた私はいつも猫から怒られていました。

おなかに触られるのを嫌う猫もいますが、大丈夫な猫の場合、マッサージ、本当にお
奨めします。私は自己流で始めましたが、十数年の経験を振り返れば、結局、「犬・
猫のための指圧・ツボ」などでみても理にかなったマッサージになっておりました。
マッサージをしていると、グニュグニュと音を立てて腸が動き出し、2日以上便秘に
なるようなこともありませんでした。手足、背中をマッサージするのも好きでした。

病院が大嫌いだったので(避妊手術の時は連れて行かざるを得なかった)、獣医さん
の世話にならず、健康を保てたのは、本当に幸いだったと思います。

ikeさんのみぃちゃんにも、ぜひマッサージをしてあげてください。

みごのマッサージ係より


こんにちは、お便りありがとうございます。みぃちゃんはおなかモミモミされるのが大好きで、おなかを触りだすとゴロゴロ言い出します。いつの頃からかは覚えていませんが、あるとき横になったときにテップリしているおなかを触ったらゴロゴロいったので、それ以来ずっと続けています。あとでマッサージの本を読みましたが、全身をブラッシングしたり揉んだりするのは猫の健康にいいそうですね。なんといっても、ダニがくっ付いているのを発見したり、毛玉ができているのを見つけてはハサミで除去できるので、早期に悪いところがわかって助かります。
みぃちゃんは今年9歳になりました。近居の猫は20年以上いきたので、みぃちゃんにも頑張ってもらおうと思っています。


猫メールに戻る