ike さん、こんにちは、オスカーとチョビの母です。

今年の1月にうちのオスカーは「毎日インシュリンを投与しないと半年で死ぬ」と言われてこちらが死にそうになりましたが、相変わらず元気で、それどころか またやってくれました。

先日 うちのトイレに遂にウォシュレットがつくことになり、1階・2階共にトイレを解体工事することとなりました。
排水パイプやら電気の配線等々の確認で、1階の天井と2階の床に穴を開けるとのことなのでオスカーとチョビはあらかじめ私の部屋に軟禁しておいたんです。

母親に買い物を頼まれてちょっと出かけたところ、戻ってみると部屋のドアがチョビッと開いている。
「ありゃ?」と思って覗いてみると、猫たちの姿がない!
チョビは工事の騒音でビビリまくっていて部屋の隅で丸まっていましたが、オスカーは何処を探してもいない!!

そういえば職人さんが出入りするので玄関は開けっ放しだったし、こりゃ 外へ出たに違いないと近所中を探し回ったのですが、どこにも姿はないんです。
途中 あちらこちらでうちの庭の常連猫たちに遭遇したので、思わず「オスカー知らない?」と聞いてしまいました(笑)
彼らは何故か立ち止まってお座りし、人の顔をジーーっと見て首をかしげるポーズを取るので挨拶でもしてるのか と思わずニヤけてしまったのですが、冷静に考えてみると、猫たちは縄張りにやたらうるさいので、オスカーみたいな家猫が飛び回っていたら こんなにノホホンとお散歩しているはずがない・・・。

ということは家のどこかにいるのか・・・と大慌てで戻ってみると、何か天井で鈴の音がするとのこと。
私が買い物に出る前は2階のトイレの床に穴が開いていたそうなので、もう一度そこを開けて頂き穴から首を突っ込んで「オスカー!!」と絶叫したところ、すっとぼけた顔してオスカーが近づいてきた!

首輪を掴もうとしたら 敵もさるもので、もの凄い勢いで奥のほうへ逃げて行ってしまい、そのまま姿を見せないんです。
仕方ないので、私が捕獲担当になって 工事はオスカーが捕まるまで中断となってしまいました。

そのあと 猫じゃらしを使ったり、紐でおびき寄せたり 最後は高級かつお節を置いてみたりとアノ手コノ手で呼び寄せるのですが、何せ穴が小さすぎて 捕まえることができても取り出せない。
床に這いつくばって「オスカー」と叫ぶこと1時間あまり やっとオスカーがノコノコとかつお節を食べにやってきたので、そのまま穴から自分で出てくるのを待って、ジャンプした瞬間に捕獲成功!

真っ白な毛並みが自慢だったのに、まるでボロ雑巾みたいに真っ黒けになっていてその後はお風呂に入れたり ドライヤーで乾かしたり、んもぉ 大騒ぎでした。
天井裏には釘が出ていたりするので、足の裏を怪我していたら破傷風にでもなるのでは?と職人さんたちも心配してくださるし、こっちが穴に入りたいくらいでした。


窓から表を眺めていた職人のお兄さんたちは、うちの庭の常連猫たちが 次々とうちの庭に向かって歩いてくるのを眺めていて「猫って律儀だな。ご飯の時間でもないのに、みんな戻ってくるのな。なのに、ここんちの猫ちゃんは脱走しちゃったんだ」と笑われてしまいました・・・・(涙)


翌日も工事があった上、オスカーのせいで大幅に遅れてしまったので、2日目は絶対猫には開けられないドアの部屋に、オスカーとチョビと私の3人で ずーーーっと篭っておりました。
朝から夕方まで約10時間篭っていたので、座敷牢にいるみたいで情けなかったです・・・・。

でも、私が家にいてよかったです。
もし誰も気づかなかったら、今ごろはオスカーはどうなっていたことやら・・・・。


ではまた


すばらしい洞察力でオスカーが助かってよかったですね。そのままトイレが取り付けらたら大変なところでしたよ。
珍しい穴が好きだったんですよ。でも見つかってよかった。
うちもリフォームのときは普段でさえ人見知りをするみぃちゃんなので結構気を遣いました。
でもたくさん職人さんを見ているうちに、ちょっと慣れてしまったようで、いつの間にか掃除機もあまり怖がらなくなりました。


猫メールに戻る