新保のカニ食べ隊

石川県の小松空港から車で走って10分ぐらいのところに新保という料理屋さんがあります。昔は会員制だったけど、今は普通に言っても食べられると思います。ここの一番のは冬のカニ。いろんな食べ方でコウバコカニや越前カニを食べさせてくれます。年を越してしまうとコウバコ蟹を食べられなくなるので、12月の間に行ってきました。まずは、全体を通したビデオを。

店には沢山の越前ガニが水槽で食べられるのを待ってます。ズワイガニのことなんだけど、地方によって松葉ガニ、越前ガニとかいろいろ呼び名があるみたいで。このカニは橋立港で取れた印がついてます。この印、一回つけると取れないんですよ。外そうとしたけど駄目だった。

 

カニはタラバとかズワイとか有名ですが、一番うまいのはこのコウバコカニだと思います。コウバコはメスのズワイガニで、小さいけど卵があり、味噌も味よく、一番うまいと思います。小さい頃はカニと言ったらこれを指していた。

 

次はズワイのお刺身。透きとおる足を醤油につけて食べるけど、寒ブリもかなり美味しい。今年はブリしゃぶってのが流行っているそうですが、なぜ脂をお湯で落としちゃうのか。新鮮なブリはそのまま刺身で食べるのが一番旨いと思うんだけどなぁ。

 

次はズワイの茹で。これがカニの定番でしょう。足より甲羅の裏側の味噌が最高です!

 

次はズワイの焼きカニ。陶板焼きと呼ぶのかな。焼くと香ばしくなってまた別の味わいが。湯でより焼きのようがいい香りがして私は旨いと思う。

 

とまあ、あとは残りのカニを雑炊にして食べて完了。今年のカニはこれでもう結構。会員だと1万円でこれが食べられます。


拡大地図を表示