335iカブリオレにスタッドレス装着

今年は夏が暑くて残暑が少なかったので、クリスマスあたりにドカッと雪が来そうな気がしてます。だから今週中にスタッドレスに交換しないと。さーて、天気もいいし始めるか。あれ、そういえば工具ってこれだよな。小さいよな。開けてみる。 ガーン!レンチ入ってないじゃん! ご覧あれ。この簡単な工具を。

 

そう、ランフラットタイヤでパンクしても走れるからってタイヤ交換のレンチやジャッキがないのだ。毎年タイヤ交換してるからフロアジャッキ持ってるけど、レンチはクルマに付いてるの使ってるぞ。 出鼻をくじかれイエローハットに買いに行く。30分ロス。ナットを舐めては困るので一番高い(といっても2種類しかなくて、1500円ぐらいなのだが)十字レンチを購入(写真左)。タイヤを物置から出してくる。タイヤって重いから転がしてくるだけで疲れるんだよね(写真中)。こんなデザインで真ん中にはEURO DESIGNのキャップが入っている。

 

このホイール重そう。MADE IN THILANDって書いてある(写真左)。デザインはドイツか?(写真中)。8Jという奴ですね、よく分からないんだけど(写真右)

 

ジャッキアップします。BMWは325iのときに感じたことですが、前足が良く伸びます。CLK320は前より後ろ足が良く伸びました。この335iは325iよりチョッと伸びが少ない気がしますが、まあ長いほうではないかな。タイヤがチョッと接するぐらいまで揚げてボルトを緩める。前輪はハンドブレーキが掛からないから完全に揚げてしますとタイヤが回って緩められない。これが丁度ギリギリ設置しているぐらい(写真左) タイヤを1周点検。このクルマは外側がよく減るようだ。内側はあまり減っていない。CLK320は内も外もよく減ったけどキャスター角が小さいからだろうか(写真中) 裏はコーティングしてあっても真っ黒になっている。きょうは時間もないからこのままにしておこう(写真右)

 

さて、これが右前のタイヤハウスの中です。サスペンションは妙な形の棒があったりするけど意外と簡単。それよりオイルクーラーを発見!これがそれなんだー。右前についているとは聞いていたけど。これ、ターボのオイルを冷やすため?でも、無茶な運転しないからオイル温度って真ん中の120度以上を指した事ないんですけど。

 

ところで、クルマの裏側の4隅に付いているジャッキアップポイントのゴム。形が四角いんですけど。フロアジャッキは丸いお皿みたいなの。CLK320のときはこれにピッタリ合う大きなイボゴムだったんですが(写真左) 後輪をジャッキアップすると意外と足が伸びる。昔は後輪のほうが伸びが少なかったのに。前輪と同じぐらい伸びるんじゃないだろうか。

 

これが右後のタイヤハウスの中。前よりこっちのほうが複雑なんですけど。分からないのは水平方向に回転できそうな軸で車体とサスペンションが繋がっているのは何のためなんだろう。横Gが加わるとなにか動くのだろうか。

 

マフラー部分です。大きな浮き袋のようなものが左右に2つあります。マフラーはオレンジ色の防振ゴムで本体に留まってます。これ耐熱ゴムでしょうか?

 

これが裏側の様子です。マフラー以外は殆ど露出していません。後側にV字の補強材が入っています。CLK320にも似たようなものが付いてました。カブリオレはこうやって補強するのが多いです。

 

 

最後に左前のタイヤハウス。ここにウィークポイントらしきもの発見!電線とコネクタが見えるのは雨や泥がかかっても大丈夫なのか?すごく心配。これテープで巻いて覆ったほうがいいんじゃないの。

 

ついでにトランクの様子です。左には6連奏CDチェンジャー、右にはバッテリ、奥にはトランクスルーの蓋があります。付属品のネットとトランクスルーしたときに縛るゴムバンド。上からカバーを下ろすと屋根を開けられます。荷物を置くなシールが3箇所。置いたまま屋根をあけると壊れるそうです。みぃちゃんお待たせ!