N905iレビュー
ワンセグなんかよりカメラ機能に期待をこめて選んだN905i。さっそくカメラ機能からレビューです。

■ムービー

最大640x480までの動画撮影が出来る。作成ファイルは拡張子が3GPでQuickTimeで再生できる形式。そのままYouTubeにアップロードできる。まずは朝のみぃちゃん散歩風景を320x240で撮影。激しくパンするところは再生が止まるような感じがする。PCで再生している分にはそれほど問題ないのだが、YouTubeにアップしてみるとかなりブロックノイズが出ている。これでは緊急時ぐらいしか使えない。やっぱりXactiのほうが動画専門だけあって優秀だ。

続いて駐車場でのご飯あげている風景。丁度朝の日差しがまぶしく逆光気味で手で光を遮らないと液晶が見えないくらいまぶしい。だから絵も全体に白っぽいのは逆光のため。同じく320x240で撮影。こちらもコマが飛び飛びになり作品としてはNG。

次は640x480の最大サイズで似たような風景を撮影。これまたコマ落ちする。思うに3GPのファイル形式が320x240とか大きなサイズの絵には向いていないのではないかと思う。それともYouTubeで変換されたFlashを再生するのにPCの処理性能が足りないのだろうか。とにかくYouTubeへのアップロードを目的とした撮影には向かないようだ。

撮影中はピント合わせが連続して行われている模様。Zoomをするとカクカクと段階的に動く。スムーズではない。

■写真

5メガピクセルもあるので、簡単なデジカメ代わりにならないかと期待。結論から言うと、スナップショットぐらいなら代用してもいいと思う。シャッターボタンを押してからピント合わせを始めるので、そのタイムラグが1秒以上あるので動きのあるものは使いにくいが、ピントはしっかり合う。Xactiよりかなり上手だ。暗い場面ではピントも合いにくく、絵も暗い。ライトがついているがフラッシュほど明るくないのでおまけ的。人の顔を認識してフォーカスをあわせる機能があるが、まだ試していない。

これは室内の蛍光灯下で距離1mぐらいの640x480。ちょっと手振れが入っているがピントはあってるし、まあまあ使えるレベル。

 

金属を20cmぐらいから接写。ピントもシャープで金属感が良く出ている。

 

最大の5Mピクセル(1944x2592)で撮影、ファイルサイズが1.08MBだから、もう少し圧縮を弱めてFineにすれば十分使えそう。と思ったら、これがスーパーファインでこれ以上圧縮率を下げることが出来なかった。(クリックすると原画を別画面で表示)

もう一工夫欲しいのはレンズの位置。この位置にレンズがあると指が被って撮りにくいし、レンズも汚れる。液晶の裏側のほうが嬉しいのだが、オートフォーカスで難しいのだろうか。

■ライフヒストリービューア

時系列にメールや写真を並べてくれて、「あれはいつだったっけ?」、が分かりやすそうでチョッと期待していました。microSDを入れるまでは。本体に記録されているデータはすぐに出てきます。でもmicroSDに入れたたくさんの写真(800枚)をスキャンして出てくるまでにおよそ3分。こんなんじゃ使えません。写真撮影でメモリ容量を気にしたくないのでmicroSDに直接入れるようにしていますが、そんな使い方をする人はいないんでしょうか。microSDをずっとスキャンしているときでも中止すれば、それまでにスキャンし終えた部分は出てくる。でも、ビューアを立ち上げるたびにスキャンするんだけど、キャッシュとかの技術で高速化できないんだろうか。

■フルブラウザ&ニューロポインタ

フルブラウザでどこまで表示可能かチョッと期待。意外といける。今までで表示できなかったのはYouTubeのFlash映像ぐらいだろうか。そうなるとPCのマウスカーソルのような存在が重要になってくるわけで、ニューロポインタはそれに応えてくれる。慣れるとかなり便利にPCのように使えます。あとは、フルブラウザがパケホーダイに対応していないぐらいが問題だろうか。真ん中の丸いボタンに力を入れると横にスライドしてカーソルが動きます。

 

ビューアタイプで普通のWebブラウザのように表示。キーの1番で縮小、3番で拡大、9番で画面を縦横切換えなどストレスなく高速に動作するのは気持ちいい。

 

9番のキーで横向きにする。カーソルの動きも90度回転して見た目どおりにニューロポインタを動かせばいい。

これからフルブラウザにはいろいろお世話になりそうです。そんなわけでレビュー第1弾終了!