ベランダ修理奮闘記
サンルームの先に小さいベランダというかパーゴラというか、少し屋根のある木で出来たスペースがあるんですが、そこの柱は風雨にさらされているので痛みやすいところだとは思ってました。2年前にも柱のペンキが剥がれかけていたので防水のペンキを塗って補修をしていたんではありますが。この前、やっぱり柱の根元付近の塗装が盛り上がって痛んでいるらしく、少しほじくり返してパテで埋めて塗装しなおそうと決心しました。そのときはこんな様子でした。

最初はマイナスドライバーで少し塗装を剥がしてみたらかなり木が傷んでまして、傷んでいる部分を取り除く事1時間。おーい、どこまで行けばいいんだぁ?状態になり、とうとうここまできてしまいました。

もう、こうなると素人ではどうしようもありません。諦めて設計師士さんに連絡です。やっぱ雨が掛かる柱って難しいもんですねぇ。設計士と大工さんがやってきて、下回りの回し縁など剥がしてみると、柱の下の部分だけ雨がしみこんで腐っていて、ほかの部分だ大丈夫そうです。水はけをどうするか考えないとまた同じことになるので、かなり長い時間、どう処理するか相談してました。柱のした部分を切って新しいのに接ぎ替え、さらに隙間から水が入っても外側に出てくるように金属で覆って、さらに金属で巻いて、なんとか材で柱を覆ってしまうという作戦です。

修理すること2日間。柱の下の部分を切り取り、新しい木を繋ぎ、土台も少し交換し、鉄板で水の流れを作り、回し木も交換し、柱の下の部分を覆って、上の部分も覆って、塗装をして出来上がり。こんなに綺麗に仕上がりました。さすがです。

この修理は保障ということで無料でやっていただけました。ラッキーです。