Windows ExplorerでMP4のサムネール表示
Xacti DMX-CG65で動画を撮影するようになってから、YouTubeにアップする回数も増えました。でも、不便なことが1つあり、Windows Explorer(つまり、普通にフォルダを開いた時)では表示形式を縮小版に切り替えてもMP4動画ファイルがサムネール表示されません。だから、アップロードするとき 「どれだったかなぁー」 と何回もQuickTimeで確認したり、XactiをUSBケーブルで繋いでいる時は、一旦切って、Xactiで確認してファイル名を覚えてから、また接続するなど、とても面倒でした。

ネットで調べると、MP4のサムネールをWindows Explorerで表示する方法があるみたいですが、情報が散乱していてよく分かりません。で、このたび、やっとサムネール表示できるようになったので、書き留めておこうと思います。方法はWindows XPのものです。他のOSではどうなるか分かりません。(この情報で発生するいかなる問題に責任は持ちませんのでご自身の責任でどうぞ)

ダウンロード

いくつかネットからファイルをダウンロードしてくる必要があります。

ffdshow

XactiのCG65で動画を撮ると音声はAVC、映像はH.264という圧縮形式になります。これをデコード(圧縮を解いて画像に戻す)するのにffdshowを使います。私はここからダウンロードしました。ファイル名は ffdshow_rev1548_20071019_clsid.exe です。
頻繁にバージョンアップしているようなので、新しいのを使えばいいでしょう。
ダウンロードしたら実行するとインストールが始まり、なにも変更もしないで最後まで完了させます。

スタートメニューから[スタート]-[ffdshow]-[ビデオデコーダー設定]をクリックしてツールを起動します。
左の列の一番上、「コーデック」を選択し、右画面の「Other MPEG4」のデコーダー欄を「libavcodec」に変更します。
その後OKボタンを押して終了。

Lhaz

次にダウンロードしてくるMP4Splitterを解凍するのに必要です。拡張子が7zの圧縮ファイルを解凍できる準備ができているなら、Lhazのインストールは不要です。出来ていない方はダウンロードしてインストールします。
私はここでダウンロードしました。ファイル名はlhaz134.exeです。こちらもバージョンアップされていたら最新版を使うといいと思います。

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが始まります。どの拡張子のファイルを関連付けるか下に並んだボタンをいくつか押す必要があります。私はzip以外は全部ONにしてみました。OKボタンでインストールが開始されすぐに終わります。

MP4Splitter

このソフトはMP4ファイルの中の圧縮成分を分離してコーデックに渡すためのフィルタだと思います(たぶん)
圧縮形式が7zという変わった形式で、インストーラがなく、コマンドラインで登録する必要があるので、Windowsの仕組みを知らないひとにとっては難易度が大きいと思います。
私はここからダウンロードしました。ファイル名はmp4splitter_20050310.7zです。クリックするとミラーサイトからダウンロードしようとするので、普通にクリックしていけばダウンロードできるでしょう。

ダウンロードしたファイルの拡張子は7zです。すでにLhazをインストールしてあれば、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして解凍できるはずです。解凍すると、

Release
Release Unicode

の2つのフォルダがあるので、「Release Unicode」の中にある「MP4Splitter.ax」をC:\WINDOWS\System32フォルダへコピーしてください。(C:\のドライブ名は環境により異なることがあります)

コピーしたファイルを登録する処理をします。コマンドラインから次の1行を実行します。コマンドラインはスタートメニューから[スタート]-[ファイル名を指定して実行]をクリックして、次の1行を入力します。

regsvr32 MP4Splitter.ax

すぐに成功して次の画面が表示されます。

これでMP4Splitterのインストールは終了です。

再生確認

ここまで終了するとWindows Media Playerで再生する準備はほぼ整いました。あとはMP4拡張子のファイルをダブルクリックしたときにWindows Media Playerが起動するように設定する必要があります。

Windows Explorerを開いてMP4ファイルがあるフォルダを開けます。

MP4ファイルを右クリックし、メニューから[プログラムから開く]-[プログラムの選択]を実行します。

次の画面が出ます。「ほかのプログラム」のなかに「Windows Media Player」があるので(私は既に設定しているので推奨されたプログラムの中にいます)これを選択し、さらに下にある「この種類のファイルを…」をチェックします。最後にOKボタンを押して終了してください。

ここまでで、MP4ファイルをダブルクリックするとWindows Media Playerが起動して再生が始まるはずです。

サムネール設定

最後にサムネールが表示されるようにする設定です。まだこの段階では、Explorerの表示を縮小版にしても、MP4ファイルはサムネールでなくアイコンのままです。レジストリに値を書き込む必要がありますが、難しそうなのでREGファイルを用意しました。これをダウンロードしたあと実行すると「…をレジストリに追加しますか」と出てきます。「はい」すると組み込まれます。このレジストリファイルはWindows XPで実験したもので他のOSは試していないので使わないでください。

これでExplorerの縮小版ではサムネールが出るようになります。パチパチ。アー、長かった。

ところで、ここまで来ると、先にMP4ファイルの関連付けはWindows Media Playerにしましたが、元のQuickTimeに変更してもサムネールが消えたりすることはありません。これでまたYouTubeへたくさんアップロードできます。