レクサス GS460を試乗してきました
10月18日にレクサスのGSが新しくなりました。ふーん、やっぱりLS460のエンジンとミッションを積んできたんだ。LEXUSのHPを見ていて、近くのディーラーを検索したらGS460 Version Lの試乗車があるというではないですか。病院の帰りにさっそく乗ってきました。やっぱり平日のレクサスは空いてて対応がいいので気持ちいいですね。

まずは納車部屋に準備してもらってあるGS460を外から観察。フロントの内側ライト付近の線がシャープになっていて、他のISやLSと同じ仲間になった感がアップしてます。前のGSはちょっとモッサリ感がありましたから。

ドアミラーにウィンカーが内蔵されました。昔、「どうしてドアミラーにウィンカーをつけないの?最近流行っているのに」と質問したときは「日本のいいところなので意地でも真似しないそうです」と答えが返ってきましたが、素直に「視認性がいいので」ということになったそうです。ドアミラーの値段は上がったみたいですね。

ドアハンドルの形状も握りの部分が少し角張っていて違うそうです。あまり気づきません。

後はバンパーの下側の部分が同色になり後ろから見たときに縦に大きくなった感じがします。

内装はそれほど変わった感じはしませんでした。そもそも昔のGSの内装をよく覚えてないし。

運転席に座ります。シートポジションを調整。あれ?このシート調整のスイッチの塗装がいかにもプラスチックに銀色のスプレーしたみたいで。もう少し手触りも含めて高級な素材にするか、いっそのことプラスチックそのままでもいいような。

運転席右側の下にスイッチが全部納められているところから、いくつかよく使うスイッチが外に出てきたみたいです。それでも、開くと相変わらずたくさんスイッチは入ってますけど。

ハンドルの上には運転手のよそ見を監視するカメラが乗っかってます。形状はLSと同じようです。これ、もっとお洒落というか、目立たないものにはならないでしょうか。

ブレーキを踏んでスイッチON、エンジンが掛かり音は静かです。店を出て車道を走り、いつもの有料道路に行きました。そのとき感じたんですが、LSよりはエンジン音が少しするような気がします。合流してアクセルを踏むとグウォーンと加速しますが、エンジン音はそれほど高鳴りません。というか8速もあるとCVTみたいなんです。すぐに140km/hぐらいになるんです。アクティブスタビライザー付きでした。細かいピッチングは抑えてありますが、路面の大きなうねりは苦手みたいで、フワーン、フワーンと収まりが悪かったです。途中でアクセルを踏み込んでキックダウンもさせましたが、いまいち低ギヤに切り替わるのが遅いような。そのままガンガン走って近くの料金所でUターン。

今度はジェントルに普通に走ってみます。普通に走るとLSっぽいGSって感じ。タイヤがランフラットかどうか確認し忘れた(営業さんもどっちだか忘れてしまった)のですが、もしこれがRFTならかなり乗り心地はいいほうです。ラジアルタイヤとあまり変わらないのではないでしょうか。

直進性も申し分なし。ただ、コーナーを曲がっているとき、天井の重さがあるような気がしました。重心がちょっと高いのでしょうか。

そのまま帰ってきて、今度は市街地走行。普通に周りに合わせてゆっくり走っているときは、なんの変哲もない感じでBMWのように「アクセル踏め!」とせっつかれる気もしないし、ノンビリ走れます。音も十分抑えられてます。

営業さんがいうには、GSはメインは350が中心で460になってしまうと、LS460も手が届く範囲になってしまうので、GS460よりはLS460に流れるお客さんが多いそうです。

さて、総合すると、GS350のほうがボディサイズにあったエンジンかもしれません。GS460はちょっとエンジンが大きすぎるというかジェントルとパワフルの中間で煮え切らないところがあります。内装の素材は少し良くなっている気がしました。ロードノイズはよく抑えられてますので、このところをBMWに見習ってほしいと思いました。335iのエンジン音は聞かせてもいいからゴーーーというロードノイズだけなんとかならんでしょうか。