ムービーカメラ、Xacti DMX-CG65 レビュー
ブログの動画を撮影するのに、携帯カメラだとどうしても画質も悪いし画角も大きく取れないので、Xactiを購入してみました。以前からメモリに記録するタイプのビデオカメラは1台欲しいとは思っていたのですが、なかなか購入に踏み切る機会がなく、そのままズルズルと携帯で撮影してました。ポイントは
  1. 携帯並みに小さくて軽く、持ち運びに困らない
  2. SDカードなどに記録できてPCに差し込めば、すぐにYouTubeにアップロードできる
  3. 値段が手ごろ

丁度、ヨドバシカメラEC店を見ていたらXactiが10台限定で29800円で売ってたので、思わず買ってしまいました。で、さっそくレビューです。普段使いの感想で。

携帯性

想像していたより一回り小さく持ち運びには困りません。胸やズボンのポケットに入り、重くてポケットが下がることもなし。出張で名古屋まで行った時に胸ポケットに入れていきましたが、なんの苦労もなく帰ってこれました。ただし、レンズには自動的に閉まる蓋のようなものはなく、ストラップ形式の蓋があります。蓋をしないでポケットに入れるとレンズにホコリがつくことがあり、撮影でホコリが乗っているのが分かります。レンズは奥なので吹いて飛ばせばすぐに取れますが、手動でもよいから蓋が閉まる仕組みがほしいな。1ヶ月の1回ぐらい綿棒で掃除したほうがいいでしょう。

利便性

スイッチ入れて2秒ほどで撮影可能になります。起動でイライラすることはないでしょう。バッテリは撮影で70分持つとカタログにあります。大体合っているようです。液晶を閉じるとスタンバイモードになりバッテリは殆ど減りません。だから、頻繁に取り出して撮影するなら、液晶を閉じてスタンバイにし、チャンスが来たら液晶を開けるとすぐに写せる体制になるのでGoodかと思います。1日持ち歩いて撮影するなら予備のバッテリを含めて3個ぐらい準備するといいでしょう。純正DB-L20の予備バッテリは高いです。互換製品で十分いけますので、ネット通販で揃えておくのがいいでしょう。私はネットで1個750円のを2個買って使っています。あまりに安いので疑いたくなりますが、一応使えています。

画面液晶は野外で見てもはっきり見え十分な大きさがあります。SDカードなので取り出してすぐにPCに差すことができ、ファイル形式は拡張子がMP4でMPEG4です。再生にはQuickTimeを使います。YouTubeにはそのままアップロードできるので、ブログには便利です。

USBケーブルで繋げることもできます。カードリーダになるのかプリンタにPictBridgeするのか画面が出てきます。ファイルを取り出すならSDカードを抜いたほうが早そうですが、USBで接続しているとき充電ができるので、旅先にいったとき、ノートPCとUSBケーブルがあれば充電器を持っていく必要がなさそうです(でも満充電は遅い)

動画性能

一番の目的の動画ですが、明るいところでは綺麗に撮れます。色合い、ピントとも申し分ありません。薄暗いところは苦手みたいで、ピントがふらつくし、さらに夜道で街灯がないと何も映りません。昼間か明るい室内までです。このみぃちゃんの就寝風景は夜の室内で蛍光灯を点けたときです。

この階段のみぃちゃんは窓がない階段なので薄暗い時です。ピントが時々前後してふらつくのがわかります。

静止画性能

600万画素、光学5倍ズームのデジカメカメラとしても使えます。はやり明るい時はいいのですが暗いとピントがなかなか合いません。あと接写でもピントが合いにくいです。あまりに合わないとイライラするのでマニュアルMFでピント合わせすることもよくあります。やはり一眼レフデジカメと比べると取りあえずな出来です。まあ、手振れ防止もありますので、コンパクトカメラ程度と思えば。ムービー撮影中でもシャッターボタンを押すと静止画が撮れるので、そういうコンビネーション的な使い方するなら便利です。でも、本当にムービーのときにシャッター切る判断って出来るんでしょうか。私はずっと動画として被写体を追ってしまうんですが。

2GBのSDカードだと1時間ぐらい撮影できるようです。撮影時間はまったく気になりません。それよりバッテリの持ち具合のほうが気になります。値段も手ごろだし、携帯ムービーがこれと同じ程度の動画が撮影できるまでの繋ぎと考えれば29800円は決して高くはないです。