BMW Familie in 富士スピードウェイ(パレード)

さて、最後のイベントはパレードです。BMWでコースを埋め尽くして全員でゆっくり走るという、「おもしろいんかい?」というイベントです。でも自分の車で走れるんですから。3つのゲートでコースへの入場を待ちます。とうとう動き始めました。この入り口、F1の余興でやってたポルシェカップで、ポルシェが出入りしていたゲートです。あのとき、各車はフェンダーをガスガス!擦ってました。

 

ピットロードに進みます。車窓からはこんな風に映ります。さっき2階から写真を撮っていたガラス窓、くの字にカクカク折れ曲がっているのがわかるでしょうか。こうすると見やすいんですね。なるほどな工夫です。

 

ピットロードから出発です。何をするのかと思ったら、これからコースをぐるっと回って本コースのスタート位置に着くようです。

 

第1コーナーを回ります。結構きついカーブです。ゆっくりなので大丈夫ですけど、これ300km/hで走ってきて曲がるわけ?ゲロ!

 

延々とBMWが続きます。これ、大して面白そうじゃなさそうでしょ。ところがです。進んでいくうちに列の間が空いてきて、ヘアピンカーブ付近は70km/hぐらい出てました。かなりきついですね。おーっとっと、っという感じです。

 

本コースに到着。前後左右、ぜーんぶBMWです。ちなみに同じ色のアトランティックブルーを探しましたが1台も見つけることが出来ませんでした。殆どが白、黒、シルバーで、たまーに紺、黄色系。意外と赤が少ないのは驚きです。むかしは赤い3シリーズって結構はやったんですが。昔のっていた325iカブリオレも真っ赤だったのに。

 

後はどのぐらい溜まったのでしょう。遠くまで埋まっているのでよく分かりません。霧だし。

 

前方にはスタートのランプが。ってことは、この辺からスタートするみたいですね。

 

4列に並びましたが、中央が大きく空いてます。あとで分かることですが、ここを片山右京さんがX5に乗って逆そうしていきました。

 

4列のうち、観客席側の2列です。先にピット側の2列がスタートするそうです。

 

後方にも電光掲示板のついたゲートがあって、2007 BMW Familieと表示されていました。

 

さて、これはなんでしょう? ポールポジションの1番です。意外と小さい枠なんですね。普通の白線とはちょっと違う材質に見えます。触ってみるとホーロー鍋の内側のような手触り。

 

これが2番手の線。5番まで写真とりましたけど割愛します。

 

さー、そろそろすることがなくなってきたぞ。いまコースでみんな記念撮影したり談笑したりする時間なんですが、雨で外に立っていても濡れるので。晴れたら気持ちいいだろうなぁ。

 

おい!奥様、なにしてる?こんなところで。みんなが先週F1が走ったコースではしゃいでいるのに。ま、ちょっと暇なのは確かなのだけれど、ゲームなんか持ってくるという発想がねぇ。

 

ナビ画面。いまコースの上にいるのに、周りの道路にマップマッチングされてずれてます。コースの上は走る場所とは認識していない模様。

 

遠くに片山右京さんが乗ったX5が見えます。サンルーフから身を乗り出してます。

 

だんだん近づいてきました。みんなも手を振ったり声援を送っています。

 

どうです、このナビ画面。右側の青いコースの曲線と同じ曲がりぐあいで白い点がついているでしょ。これ、さっき1周したときについた跡です。横にスライドすると丁度一致します。

 

このあと、2列のままコースを1周して、駐車場に戻り、そのまま、みんな散って行きました。私は東ゲートを出て富士霊園側に向かったんですが、まったく混んでいません。普通です。周辺大渋滞になるかと、ちょっと心配してたんですけど、肩透かし状態です。 そんなわけで、無事参加終了です。 意外とコースをゆっくり走るのは面白いですよ。F1のL席、N席はやっぱりねらい目です。