335iカブリオレ、「へぇ〜」な部分
最近気づいてきた「へぇ〜」な部分。良いこともあり悪いこともあり。まずは悪いことから。

この写真はリアガラスの右端と左端を撮影して合成したものです。銀色の金属部分にCピラーが乗っているのですが、右と左で少し被り具合が違います。可動部のメタルトップなのでこれぐらいのズレは許容範囲かもしれませんが、もう少し精度よく乗りませんかね。調整すれば両方均等になるかもしれないけど。

次は良いとも悪いともいえない部分。これは運転席から室内の天井の真ん中方向を見たところ。盛り下がっているのが分かるでしょう。天井が黒いので意外と気づかないのですが、改めて眺めると、意外と出っ張ってる。この中にはメタルトップを繋げる構造物が入っています。それがどんなものなのかはまだ良く観察できていません。マニュアルには、開け閉め途中、故障するかもしれないからあまり止めないでくれと書いてあるので、途中でスイッチから手を離すのを躊躇してしまいます。そのうちじっくり観察しましょう。

続いて、少し助かる部分。2枚ドアなのでドアは長いです。そのドアいっぱいにもの入れがあります。全席にかかる部分は足の抜き差しに邪魔にならないように、パタッと引き出せるようになっています。後部座席からは固定の小さいほうにも手が届くので、意外と物入れはあります。

最後に、これは「ふーん」と勝手に想像しているところです。ドア周りのゴムシールで、擦れて音が出そうな部分のゴムが他とは違います。表面がザラザラした少し固めの材質です。カブリオレ以外も同じかもしれませんが、私は音対策ではないかと思っています。カブリオレは絶対的に他の車両より剛性が低いので、どうしても道の悪いところを走ると、ボディが揺さぶられて、とくに窓ガラスと幌の部分の接点では音がします。これを防ぐために、ゴムの部分にグリスを薄く塗るという技を昔々教わりました。グリスを塗ると摩擦が少なくなるので「クチュクチュ」という音が防げます。同時に、夏の炎天下でゴムがドアに張り付く現象も抑えることが出来ます。カブリオレ専用の対策なのか、今のBMWは全部こうなっているのか、今度ディーラーに行ったときに観察してみます。