335iカブリオレ、意外と広い視界
カブリオレの弱点のひとつに視界があります。幌のカブリオレの場合、後方視界が普通のクルマに比べて非常に悪いのが普通です。俗にCピラーと呼ばれるリアガラス側面が大きな面積を占めるので、隣の車線の少し後方に車がいても見えないことがよくあります。ですから、これまで助手席側のドアミラーに補助のミラーをつけていました。

今回、メタルトップの恩恵を受けて視界が広がりました。まず、ルームミラーを覗くとこれぐらい見えます。「どこがすごいわけ?」と不思議に思うでしょうが、カブリオレでこの視界は広いほうです。上下はともかく横幅があります。

右後方(左ハンドルなので)を振り向くと、こんなに見えます。普通ならこの2/3ぐらいの面積しかありません。だから、左車線にいて右車線に移るときに何回も怖い思いをしたものです。

リアガラスは大きいのですが、周りが黒い塗装?フィルム?で覆われています。この黒い部分がなければもっと後方視界が良好なのに、どうしてこうなっているんだろう。キット、あまり見えすぎると雰囲気が壊れるからだろうか。今まではそう考えてました。

今日改めて観察してみると、この黒く覆った中には機械が入っているみたいです。室内からこの部分を見ると、布で覆われていて、中に機械が入っている風に見えます。

そりゃそうですね。でないと、あまりに細いCピラーですから。ちなみに反対側を振り向くとこんな感じです。運転席側はドアミラーで後方が見えるし、気配も感じやすいので、どうってことはないんですが。