UPSのバッテリ交換
沢山UPSがあるのですが、その中でもっとも大柄のUPSのバッテリが2ヶ月ほど前からアウトになってます。1週間だか2週間ごとにバッテリチェックが行われ、そのたびに、バッテリ交換してくれと、ピーピーうるさいのなんの。あまりにうるさいので、やっとバッテリ交換することにしました。これまでメーカーでAPC以外のUPSもいくつか買ってみましたが、バッテリ交換まできっちりシステムとして確立しているのはAPCだけだと思います。

バッテリはAPCのオンラインショップでも購入できますが今回はヨドバシカメラがちょっと安かったので、そちらにしました。そしたらメーカー直送で送り元はソフトバンクBBと出てます。ソフトバンクBBは交換用バッテリも取り扱っているんですね。

箱を開けて真っ先に出てくる紙には交換済みの駄目バッテリを回収する送り先の情報です。そう!ここに元払いで交換した古バッテリを送るとリサイクルしてくれる。社会的にゴミ問題の最中、古いバッテリをどう処分するか頭の痛い問題ですが、APCはその辺が全世界的にシステムになってます。

箱には小さいメロン程度の大きさのバッテリが入っています。シールドバッテリなので横にしても逆さまにしても大丈夫。

携帯電話と比べてみると、それほど大型のバッテリでないことが分かるでしょう。でもバイクのスタータぐらいは回せる容量は持っています。

これが一群のマシンから離脱してしまったUPS本体。買ってから何年経ったんだろう。

このUPSは裏に4つのOutputが付いていて、すべてバックアップコンセントです。

裏にある2つのネジを外すと蓋が開いてバッテリを取り出すことができます。バッテリについている白いシールは引き出すときにつまむためについていると思います。バッテリが駄目になり太っていて取り出すのに苦労しました。

やっと、バッテリを引き出すことが出来ました。古いバッテリにはキンピカのホログラムシールが貼ってあります。たぶん偽者対策だと思います。とは言っても、ただのバッテリですから。

2つのバッテリは微妙に仕様が違います。古いほうは全くシールドで上部に蓋も何もありません。今回のは6つの蓋が付いているので、あければメンテナンスできるのかも。

元通りに戻して装置群に戻してあげます。上のはAPC BK 500というちょっとだけ新しいのです。

買ったときの箱を捨ててはいけません。この箱に入れることでリサイクルを受け付けてくれます。もちろん関係ないバッテリは受け取ってくれません。交換は5分もあれば出来るでしょう。この後、すぐにクロネコに持って行って作業完了です。