335iカブリオレ、駆け抜ける喜びレビュー

昨日はオープンレビュー。きょうはBMWのキャッチフレーズ「駆け抜ける喜び」がどれぐらい本物かを確かめるレビューです。もちろん、オープンにして駆け抜けてきます。いま、朝8時半、出発前にこのカブリオレの特徴観察です。

オープンが苦手とする荷物積載を克服するために、ちょっとした工夫がされてます。まずは、後部座席センターが開いて、中に仕切りがあり、トランクと通じています。トランクから入れた長物がここを突き破って後部座席に入ってきます。といっても、この仕切りの中に袋がセットされているので、実際には長物で後部座席が汚れないようになってます。スキーで4本、スノボで2本入ると説明が。スキーはしないですが、板などはDIYで買うことがあるので、その時は役立つでしょう。

トランクに入らない大きな荷物は後部座席を1枚倒してできる、この平たい部分に乗せることができます。長辺130cmx短辺50cmぐらいのダンボールまでぐらい入ります。

背もたれ側に2つのフックが用意されており、押すと飛び出してきます。単なるJ型でなく、外れないように登山金具のような返しがついていて、肩掛けがあるバッグの紐を差し込んでおけば、いざという時、外に飛んでいってしまうのが防げそうです。隣の丸いものは背もたれの当たり具合を微調整する部品だと思います。使い道はありそうでなさそうで。

エンジンルームのボンネット裏に貼ってある吸音材は少なめです。ケチなのか音を聞かせるための配慮なのかは不明。周辺部分は2枚の材料を張り合わせて強度を出しているみたいです。

 

前輪を支える部分には剛性を出すためにバーが取り付けられてます。

エンジンルームを覗き込むと、中にも剛性を出すための補強があります。この部分はフェンダー部分とU字型の前方に出ているフレームを繋いでいます。こういうちょっとした補強が強度を増すもんなんです。車体を下から覗くと、V字型の補強があったり、普通のセダンやクーペにはない部材がところどこにあるのがカブリオレです。CLKも車体裏には前と後に平たい鋼鉄製の板がV字型に取り付けられていました。

エンジンルームはかなり満タンで、もう余裕は少ないので、もっと大きな排気量のエンジンを載せるにはV字にするか上方向に伸ばすしかなさそう。今度新しく出てきたM3はV8エンジンで400ps越えをしていますが、ボンネットにふくらみがあったりV8にしたのはそういう制約からくるものだと思います。小さい2個のターボチャージャーは右側下にありますが、混み入っていてよく分かりません。325iカブリオレのころはもっと余裕があったのに。

よく分からない部品がいくつかあります。左側の円筒形の圧力が掛かりそうなものは?です。真ん中の大きなキャップはいったい何をするためのなか。右側の緑のシールが張ってあるのはオイル補給なのは分かります。指定オイル以外を入れるなと書いてあります。奥の四角い箱はエアフィルタなのかなんなのか。とにかく、自分でメンテナンスすることを前提にした配慮があまり感じられません。前のCLKはユーザが間違わないように色を変えたりアイコンが書いてあったり、これは何をするための部品か分かるようになっていました。

それから、いくら探しても見つからないのがエンジンオイルの汚れやレベルを見るための棒の差込。普通、ありますよね。棒を抜いて布で拭いて、もう一度挿して、また抜いて、エンジンオイルの汚れや量をチェックする棒。ないんですよ。どこかにあるんですかね。ボードコンピュータはオイル交換時期とレベルを警告してくるので、棒なんか必要ないというのでしょうか。

さて、一通り見て回ったところでカケヨロに出発です。きょうは自衛隊の富士総合火力演習があるので御殿場駅付近は混雑が予想されます。カーナビは御殿場ICから裾野に向かう方向が混雑していると赤くなっています。予想通りなので、迂回して芦ノ湖方面へ向かいます。上り坂では前に観光バスがいるので、仕方なくゆっくりついていきます。何速には入っているか不明ですが、トルクがあるのでエンジン回転数1500回転ほどで普通に上っていきます。平坦路を走っているかのよう。

芦ノ湖周辺に到着して混雑する道は避けて、まずは小田原方面に向けて走り、それから芦ノ湖を右回りで1周するように走り、芦ノ湖スカイラインに入ります。ここまでの上り坂やカーブでも十分楽しいです。まるでゴーカートのように加速し曲がります。すごいエンジンとアクティブステアリングです。長い下り坂以外では、シフトレバーはまだDレンジです。

さて、芦ノ湖スカイラインに入ったので、どれぐらいいけるのか、まだ慣らし運転中(300kmしか走ってない)なので4000回転以上回さないように注意して、速いバイクには先に行ってもらい追いかけてみます。シフトレバーを左に倒してDSというモードにすると、エンジン回転が高めのシフトパターンになって、なんともいえない状態になります。カーブはスイスイ曲がるし、アクセスに即座に反応して加速減速するし、みんな改造してこんな状態にして峠道にやってくるんだなぁ。はじめて、この硬い乗り心地が役立つことを実感しました。参りましたm(__)m 命が惜しいので今日限りにしておこう。エンジン回転はほっとくと5000、6000とあっと言う間にいってしまいます。危険な乗物だ。

私はもっと安全に飛ばせるほうがいいです。今度、富士スピードウェイの体験走行にいってみよう。きょうはフォーミュラ日本というイベントがあるので体験走行は駄目そう。

結論。駆け抜ける喜びは本物です。325iカブリオレのときもそれなりに楽しかったですが、335iはもう危険なくらいに速く走れます。ですが、事故って人に迷惑かけたくないし、もう大人なんで、無理はこれぐらいにしておくことにしました。タイヤが滑り始めたら技術がないのであんな狭い道ではコントロールできませんし。それより、このタイヤで滑る限界までカーブを曲がるにはどれぐらい度胸があればいいのだろう。帰ってきたらタイヤ表面のつぶつぶは無く一皮剥けてました。