テレビにはみみもとくんα
コードレス スピーカでテレビの音を手元に」ソニー製からPanasonic製へ変更したのが2年前。それから結構便利に使っていた手元スピーカの調子が悪く、最近、送信機側のLEDが光らなくなり、ACアダプタを入れなおすと光ったりしてました。そしたら今度は手元のスピーカーに新品の電池を入れてスイッチ入れても全く電源が入る様子無し。とうとう壊れてしまったようです。 

さあ、次はどうするかなぁ。ソニー製もそうだったが、最後に壊れるのはLEDの発信部分。ずっと飛ばしている間に劣化してしまうみたいだ。だからBluetoothで飛ばすというもの候補に挙げたが、いまいちピッタリの商品が無い。電源が必要だったり、電池でやるにしても連続8時間ぐらいしか持たなかったりする。ここは前回の候補にも挙がった「みみもとくんα」でいってみるか。お年寄り向けの仕様なのでちょっとやぼったいのだけど。

 

Amazonで7000円ぐらいで注文。お盆休みがあけてようやく届きました。梱包をといてみるとこんな感じ。送信機、本体、送信機のACアダプタ、おまけの電池(単2x4本)、ピンジャックをステレオミニプラグに変換するコード。この様子じゃ本体側の大きさが分かりませんね。

これが受信機側です。メーカーの使用例どおりリモコンを2つ挿してみました。リモコン3つはきつそうです。マウスやPCMCIAカードの大きさから大体の大きさが分かりますよね。この挿す部分をとるともっとコンパクトになるんですが、そんなバージョンもあったらいいなぁ、と。スイッチは3つで、電源、音をはっきりするためのボタン、ボリュームです。側面にはイヤホンで聞くためのジャックとACアダプタ(DC6V)を差すことができます。アルカリ電池4本で200時間ぐらい再生できると説明書には書いてあります。機能的には極普通でうね。

これが送信機側です、厚めの帆立貝のような大きさです。あまり気になる大きさでもありません。LEDが赤く光っています。この送信機はどれぐらい長持ちしてくれるでしょうか。ちなみに、Panasonic製の送信機でみみもとくんαで受信して音を聞くことができました。方式は同じようです。

音質はごくごく普通です。音楽鑑賞でなければ十分でしょう。受信機はリモコン入れの丸い輪の部分に受信フォトトランジスタが入っているみたいです。どの方向を向けておいても受信はしてくれます。これでやっと静かな部屋に戻りました。テレビの音を小さくして、手元でスピーカーで聞くのが習慣化していると、この手の装置が無いとテレビの音を大きくする必要があり、部屋全体がうるさくって。