みぃちゃんの定期健康診断にいってきました
みぃちゃんの定期健康診断に行ってきました。本当は、昨日、土曜日に行ってくる予定でしたが、金曜の夜にみぃちゃんのご飯を片付けるのを忘れてしまい、明け方5時に「あ、しまった、食べられた」ということで、みぃちゃん先生にお願いして日曜に予約診療で受けさせてもらいました。

みぃちゃんは夕飯を少し食べた後、夜2時とか明け方にもう1回食べる習慣があるのですが、今日、ご飯を片付けられたせいで、夜の2時ごろに、「みゃん、ご飯ないぞ」と我々を起こしにきました。それでも無視してベッドに引きずり込んだりしてだましてましたが、明け方5時にまた起きだして、仕方ないので家の周りを散歩して、また誤魔化しました。みぃちゃんは諦めてサンルームで朝寝に。

朝10時、支度をして、寝ているみぃちゃんを抱っこしてゲージに入れようとすると、ご飯ももらえず、この時間にゲージに入れられる状況から察知したらしく、「ミャーン」と騒ぎ始めて、そのまま車に乗せてみぃちゃん先生のもとへGO。

みぃちゃんは先生の前では借りてきた猫状態で、騒いだり暴れたりはしませんが、とってもビビッてゲージから出そうとしても抵抗します。それでも、今日は他にお客さんがいなかったせいか、少しは緊張が少ないみたいで、採血はスムーズにできました。体重は4.4Kgで前回の食欲不振でいったときより0.1Kg増えています。熱は少し低めで、37.4度。もう12歳になったので、体温も少し低くなってきているみたいです。ワクチンも打って、さあ、待合室で血液検査の結果待ちということで、ゲージを出すと、そそくさと自分で入っていきます。

待合室で待っているとき、壁にマイクロチップの埋め込みを始めたという案内が掛かっていました。先生が実物を見せてくれました。この滅菌された入れ物の中に太い注射針のついた注射器のようなものが入ってます。

この注射器みたいなのをスキャナでスキャンすると、こんな数字が読み取れました。

アメリカ製の機械で、マイクロチップにもいろんな種類があって、どれを採用するか難しいそうです。横浜の獣医師会では1つに統一したいところなんですが、1つに絞り込むと独禁法違反にならないかとか。

他府県ではマイクロチップの導入が意外と進んでいて、横浜は遅れているそうです。アメリカやイギリスに行く時はペットにマイクロチップを入れるのが常識になっているらしく、入れてないと検疫で引っかかり2週間も空港で足止めを食うとかあるそうです。知らなかった。

診察が終わったみぃちゃんはゲージの中で多少落ち着きましたが、まだまだ不安は隠せません。

で、血液検査の結果は、腎機能のCREが前回1.3→今回1.7で上がってきているのが要注意。高齢のため腎不全の前兆が出始めているとの診断です。このCREの数字は食欲不振とか、2つある腎臓の1つを取っても変わらないぐらい、普段は変化がないもので、これが1.2→1.3→1.7と変化しているので、そろそろ腎臓に無理をさせないたんぱく質を抑えた食事に切り替えていったほうがいいだろうという結論に。

腎臓が悪い場合、人間なら人工透析も可能だが、猫の機械はあるものの、あまり現実的でないので、どうしても食事療法など限られた治療方法しか使えません。ところが、最近もう1つの方法があるそうで、このコバルジンという物質をご飯に混ぜて食べると、この物質が食物からたんぱく質を吸着してウンチとして出すので、食事療法でたんぱく質を減らすのと同じ効果があるそうです。試しに3袋もらってきました。まだ開けてませんが、黒い活性炭のようなものらしく、缶詰に混ぜてあげると良いそうです。吸着して外に出すのが目的なので、便が硬くなるぐらい意外に、殆ど副作用とか無いそうです。この薬品、人間用ももちろんあるそうで(というか、人間用から動物用に転用されたのだろうけど)、O157が流行した時、毒素を外に出すのに使われたそうです。

みぃちゃんは、とりあえずカリカリをいまのカルカンからヒルズのk/dに替えてみることにしました。

昔、みぃちゃんに似たようなのをあげた事あるんだけど、あまり食べなかったんだよなぁ。今日、家に帰ってきてから缶詰とk/dをあげたら、一応、食べてはくれました。ただ、昨日の晩からお腹が減っているためという見方もあります。

それから、今年の夏を越すためのフロントラインももらってきました。6月ごろに1つ背中に付けたので、蚤・ダニ対策はもう始めてますが、あと7-10月ぐらいまで4つ欲しかったのですけど、在庫が3つしかなかったので全部もらってきました。

そうそう、中国産の原料で作られたペットフードを食べて、アメリカで犬猫が死んでいるというニュース見ましたよね。あれは、中国産の小麦の中にネズミ駆除剤が混じっていて、それが原因で死んでいるそうです。日本ではそのようなペットフードの報道はされていませんが、安いホームセンター向けの製品で一部回収になったものがあるそうです。あと、ヒルズの製品でも、外国向けの生産ラインで作られた中に混じったものがあって回収されたとか。日本向けラインは大丈夫だったそうです。日本向けは湿気が多いので生産ラインが違うんだとか。

というわけで、今回の健康診断は無事終了です。CREの値が上がってきているので、次回は検査期間を半年後に短くすることにしました。