New Cクラスを見てきました

今度発売になったメルセデッスのCクラスをディーラーで見てきました。本来ならショールームにはアバンギャルドとエレガンスの2台が飾ってあるはずですが、アバンギャルドのほうは車検切れが近いというお客さんのために売られていき、ポリマー加工してナンバーを付ける状態になってました。それでも2台を見比べることは出来たわけですが、アバンギャルドのほうは顔つきがごっつくて、今までのEやSとは違い、SLに近い顔をしています。実際のところ、年配の人でもエレガンスよりアバンギャルドを多く選ぶそうでして。エレガンスは小さいSクラスのような雰囲気だしてます。前から見たときだけで、横から見るとまったく別の車で、そのサイズからCクラスと分かるんですが。

インテリアは上手にまとまっています。特別豪華に見せるわけでもなく、高い部材を使うわけでもなく、でもまとまっていて一体感があるのが上手ですね。LS600hL見たときは、1点豪華主義といいますか、所々部材は高級なんですが、ナビ周りのプラスチックやドア周りのスイッチ類が安っぽくて、バラバラな感じを強く受けました。そんな隙がCクラスにはありません。

ダッシュボードの真ん中にHDDナビが収まっています。ボタンを押すと、ヌーッと蓋が開いて起き上がってきます。かなり見やすい位置ですが、この立ち上がっている姿はあまり格好良くありません。閉まっているときはすっきりしているので、あのサイズの液晶画面を綺麗に収めることが出来なかったので、苦肉の策でPOPUP式にしたのではないかと。それにナビが必要ない国もありますし、その時に映らない液晶の枠があるのも格好悪いですしね。

助手席との間にあるダイアルはアルミの削りだし?的な質感がありさわり心地はGoodでした。ただ、アームレストの高さが邪魔して、ダイアルの隣についたキャンセルボタンは、指を立てて押さないと届かず使いにくい部分があります。もう少しスイッチを前の角にずらしたほうが押しやすいです。

ナビやいろんな設定はコマンドのダイアルで全部操作できます。操作系はかなり分かりやすくBMWより使いやすそうな印象を受けました。反応もよく、メニューの構成がWindowsのスタートボタンのような操作体系なので、Windows使っている人にとっては、自然に操作できます。

営業さん曰く、1つ前のCクラスより馬力が20PSほどアップしてHDDナビがついて、値段が同じということで、最近、旧Cクラスを買ったお客さんがご立腹だとか。値段はこのユーロ高を考えると、かなり頑張っている印象を受けます。

トランクを開けると、いつもどおりの大きさだと思ったんですが、営業さん曰く、「ゴルフバッグは2個までです、と説明してくださいと言われている」と言ってます。少し小さくなったそうで、3個積みたい時は6:4分割化等式のオプションで積むことを勧めるそうです。狭いトランクに慣れ、ゴルフをしない私にとってはあまり関係ない話ですが、日本車はゴルフバックを何個つめるかをいつも気にするので、その辺がハンディになっているとか。

リアのテールランプの周りにスリットがいくつかついています。空気の整流効果という話ですが、営業さんは室内の空気抜きだといってます。Cピラーにスリットが入っていて室内の空気を抜く仕組みがある車がありますが、あのスリットをテールランプに持ってきたというらしいです。

全体的な印象として、また少し進化したな。という感じですが走りはかなり違うそうで。今度C300を試乗車におろしたので乗れるようになったらまた出かけてみようと思います。涙目のヘッドランプがどうしても好きになれないお客さんが痛そうで、そういう客層からは良い支持を受けているみたいです。確かに昔の押し出しの強いイメージが戻ってきたので、かなり売れるんではないでしょうか。

お土産に歴代Cクラスを象ったピンバッチの楯、DVD、雑誌、カタログをもらってきました。