ガソリンが漏れ出した

この記事は、ガソリン満タンで漏れ出した様子をブログに刻々と書いたものをまとめて記憶しておくためです。

その1

久しぶりにCLKにトラブルです。あさ、ガソリンが少なくなってランプが付いたので一旦駐車場に行って猫にご飯あげてからガソリンスタンドに向かった。ハイオク満タン59.59Lを入れてまた駐車場に返ってきた。そしたらまた猫たちがやってきたので追加のご飯を。明日はまた週末だし、昨日は大雨でご飯もらえなかったし大目に上げておこう。給油口付近で2匹にカルカン缶詰をあげる。1缶165gの大きい奴。

ん?ガソリン臭いな。ふと気づくと右後輪タイヤハウスから何かが漏れている。ポタポタ程度ではない。ボタボタボタボタ。かなり勢いがある。手にとってみる。涼しい!(揮発するので冷える)匂いをかぐ。ガソリンだ! ガソリンスタンドで入れすぎて溢れているのか! 給油口のキャップを取ってみる。なにもない。

とにかく勢いがあるので、直径1mぐらいの大きな油シミのように広がっている。これ、引火したら大惨事になるぞ。見ていて止まる様子は無い。ディーラーに電話する。とにかく、このままじゃ危ないので何とかしなきゃ。下をぶつけたり腐食してタンクに穴が開いて漏れることはまずありえないという。でも穴が開いているのかと思うぐらい勢いがある。メカニックがこっちに向かってくれるという。

奥様にも連絡。この車で歯医者に行って来ると言ってたがそれどころではない。「なにかで受け取ってるの?」 そうだよな。気が動転して受け止めるなんて考え付かなかった。辺りを見回すとさっきあげていた猫缶の空きが2つ。1つを降り注いでくる下に置く。1分ぐらいで満タンになる。満タンは150ccぐらいだろうか。缶詰のラベルには165gと書いてある。固形のご飯と水ではどちらが重いんだろう。どうしよう、この溜まったガソリン。2つ目の缶に交換して考える。側溝に捨てよう!水がかなり流れている側溝に持っていって捨てる。帰ってくると2個目の缶が一杯になりつつある。缶を交換してまた捨てに行く。2杯目、3杯目、4杯目、いつまで続くのかなぁ。さっき満タンにしたから65L全部出てくるのか?10杯目ぐらいまで覚えていたが、もう分からなくなった。

その2

何回も一杯になったガソリンを捨てる。捨てているとき歩きタバコをしているおじさんが歩いてこっちに向かってくる。だめだよ、近寄っちゃ。引火したらどうするんだ。その辺にポイ!って捨てないでくれよ。

「あら、大変ね。これ!」

奥様が金属の洗面器を手に持って現れる。さすがだ!奥様はいつも冷静。

「ほら、これガソリン。この缶にすぐ溜まるんだ」

ガソリンは灯油と間違えないようにピンク色に色が付いている。それはチェーンソーの混合ガソリン作る時に知ったのだけど。

「じゃ、歯医者にいってくる」

おーい、この緊急事態に歯医者にいってくるんですか?あなた!こっちは引火しないかヒヤヒヤしながらガソリン受け取っているのに。洗面器を漏れてくる下に入れようとしたが、車止めが邪魔になって受けられない。かといって、エンジンかけて車を前に移動する勇気が無い。イグニッションONにしたとたんに、

ドッカーン!

なんてことにならないよね。しかたない、缶詰が満タンになるたびに捨てに行っていたのを洗面器にあけよう。そしたらまだ頻繁に側溝と往復する回数が減るし。それでも、2杯入れると「火をつけてみてください」みたいに溜まっている洗面器を見ているとすぐに捨てに行きたくなる。2杯空けては側溝に捨てに行った。


その3

そのうちディーラーから電話が掛かってくる。いま現地に向かっている。代車を一緒に持っていく。代車はレンタカーだから免許証のコピーが欲しいと。OK,OK,とにかくこのガソリンを何とかしなきゃ。早く到着してくれないかなぁ。

もう10数杯は缶詰で受け取った。少しずつではあるが勢いがなくなってきているような気がする。そのうち水滴が落ちてくる場所が移動して、丁度タイヤの裏側あたりに移動してきた。左後からかがんで覗く。マルチリンクサスペンションの棒あたりからポタポタ落ちてくる。これなら洗面器で受け取れそうな位置だ。手を突っ込んで洗面器をツンツン押し込んで2箇所から落ちてくる水滴を受け止めることに成功した。

ふーっ。これでしばらくは缶詰を交換しながらの作業から開放される。あの勢いだと洗面器が満タンになるまでには1時間ぐらいはかかるだろう。ちょっとほっとしながら開けっ放しの運転席に座りガソリンを入れたときの伝票を見る。いつからガソリン漏れていたのだろう。いままでガソリン臭いと思ったことは無かったけど。燃費を計算する。9.7km/L。今回は渋滞も無く静岡と往復したから10km/Lを超えてもおかしくないはずだが、思ったほどよくない。既に漏れ始めていたのだろうか。2回前の給油から燃費が9Km台でよくないのは、渋滞にはまったりしたせいだと理解していたのだけど。

はーっ。天気良くなってきたのに、なんで朝からこんなことになるんだぁ。それでも、気づかずに走って引火して炎上! なんてことになったら洒落にならん。時々、首都高とかで「ベンツ炎上、全損」というニュースを聞くことがあるが、それは、こんなガソリン漏れに気づかずに走っていて引火したんだろうか。この量なら引火しても不思議でないもんね。

時々、洗面器を覗いて漏れの具合を確かめる。だんだんと収まってきているようだ。そのうち止まった。おー、止まった止まった。この安堵感。もー、60リットル全部出てきたらどうなるんだよ、と心配してたんだ。

さっきから、ちょっと我慢していたトイレに行きたくなってきた。会社にいってトイレしてくるかぁ。でも、メカニックがこっちに向かっているからなぁ。入れ違いになったら困るし。どうしよっかなぁ。そろそろ最初にディーラーに電話してから1時間以上たつし、そろそろ到着しそうだよなぁ。一発で現場には来られないだろうから、会社のトイレに行って戻ってこよう。

その4

会社のトイレから戻ってくる途中、電話が掛かってきた。会社の裏門に到着したようだ。表門のほうに回ってもらう。たぶん、表門に回り込むときは、この道を走ってくると思う。その道にいってみる。あ!向こうからEクラス、それもあまり見ない茶色がこっちに向かって走ってくる。運転手は作業着を着ている。間違いなさそう。「おーい、おーい」と手を振って近寄る。交差点に止まった時、こっちに気がついたようだ。レンタカーっていってたけど、Eクラス持ってきたんだ。

助手席に乗り込んで駐車場に向かう。隣に停める。

「この猫缶で何杯も受け取っては捨て、受け取っては捨ての連続なんですよぉ」
「もう、10数杯は捨てて、その後何杯か分からなくなるぐらい漏れてるんです」

メカニック曰く

「ずいぶん缶詰積んでますね、これみんなあげるんですか?」
「ええ、結構頼りにされているんで」

バスケット一杯の缶詰をみて、ちょっとビックリしているらしい。1日4缶×5日=20缶は消費するし、頭数の変動で品切れが起こらないように30缶ぐらいは積んでいるんだよ。

「たぶん、上のリザーバタンクと下のタンクの繋ぎのどこからか漏れていると思うんですよ、給油口キャップをひねったらボフ!と圧力掛かってませんでした?」
「いや、特にそんなことも無かったけど、給油口からガソリン見える様子も無いし」
「見えるようなら明らかに入れすぎです。」

このあと、燃料タンクの構造とリザーバタンクの仕組みを説明してくれたが良く覚えていない。

「で、もし入れすぎだとしても、これっていいこと?」
「いや、修理しないと駄目です」

だよねぇ。私も入れすぎで溢れているのかと、ちょっと疑ったのだけど、入れすぎぐらいの量ではないものな。

「じゃ、車入れ替えてもって行きますので、貴重品とか」

あ、出しにいく予定のクリーニングがトランクに載っているな。取り出さなきゃ。後が狭いのでトランクを窮屈そうに開けようとすると、

「前に出しましょうか?」
「え、エンジンかけて大丈夫なものなの?」

何の躊躇も無くエンジン始動、うーん、度胸あるね。こっちはガソリンに引火しないかとビビッているのに。

下に差し込んでいた洗面器が現れる。

「あー、これで受け取っていたんですか。かなり出てますね」
「ETCカード使います?」
「はいはい」

カードを代車のどこかに差し込んで、メカニックはCLKに乗り走り去っていったのでした。残された洗面器、ガソリンが蒸発して色がかなり濃い液体になっている。残りを側溝に捨て走っていくCLKの後姿を見ていた。カブリオレだから後姿がムッチリしてるんだよねぇ、殆ど見かけないから走っている後姿ってまず見ない。

残された荷物を代車に積み込む。この車なんだろう。バッチを見る。E280か。デザインからすると最近のやつだよな。1から2年前に出たのだろうか。内装も汚れていないしかなり新しい。でも3万キロ走っている。CLKに比べれば殆ど新車感覚。
やっぱ、Eクラスはデザインがうまいな。この前LS乗ってきたけど、Eクラスのほうが粋な感じがする。ちゃちな質感の部分も無いし。
運転席に座って、スイッチ類を確認してシートを体型に合わせておく。
ドアロックするとウィーンって何か音がする。ん?鍵を閉めるとサイドミラーが勝手に畳まれるのか。この辺の配慮、だんだん日本的になってきたよねぇ。昔はドアミラーなんて畳める必要があるのか?的なところがあったからなぁ。
あ、もう12時になるじゃん。会社には、今日いけそうに無いと電話しておいたけど、みんなのお弁当かって行くか。

場合によっては1日休みだと覚悟してたんだけど、午後から仕事することにした。

その5

午後、そろそろ原因も分かったころだろうと、ディーラーに電話してみる。リザーバタンクと普通のタンクの間にあるゴムホースが劣化してひびが入って、リザーバタンクの中身が全部出て、そこで漏れが止まったそうだ。ぶつけたとか外傷でなく、劣化だという。そっかー、8年経ったしそんなこともあるか。
部品は明日は入り、作業して、明日の夕方には仕上がるという。お値段は予定4.7万円。よかったー、一時はどうなることかと思いましたよ。感謝感謝!
ディーラーも横浜から川崎に駆けつけていただきましてありがとうございます。やっぱ、外車はよいディーラーがいないと。

さて、会社も終わり、クリーニングを姉貴経由、親戚の店に預けるために出発。実はちょっとウキウキ。だってさ、Eクラスは試乗することはあっても、かなりの距離を乗ることはなかったから。280だからそれほどパワーも無いだろうけど、かなり新品だからね。ネットで調べたら280なのに3リットル、231ps、30Kg-mだったのね、7速って街中で走ったらどんな挙動するんだろう。ナビに目的地を設定する。うーん、初めてのナビは操作がよくわからん。メルセデスのメーカナビは駄目だといわれているが、8年前にCLKに付けたカロッツェリアから比べれば速いし良好。
では、50kmほど街中と首都高を走ったインプレッションなぞ。この前試乗したLS600hとどうしても比べちゃうんだよね。

右ハンドルで左足のフットレスト部分が狭いんだけど、やっぱり今でも変わってない。左ハンドルのほうが足元広く感じる。

エンジン回転数が低い。7速だから次々と上がって、いつも2000回転以下。だからエンジン音もあまり聞こえない。

ハンドルが軽い。LSも軽かったが同じぐらい軽い。だからといって高速で不安になることはない。

交差点で止まっていて、走り出すとき右側のどこかからモーター音がするのだけど、これはなんだろう。

足回りはLSと比べれば硬いけど、これぐらいしっかりしていないと。

アクセルをググッと踏んでも加速は普通。ま、このまえのLS600hLと比べれば当たり前か。

内装はLSよりも高級に感じる。安っぽい隙がないからじゃなかろうか。

E280だとお値段も手ごろだし、長く乗るなら絶対お得な気がする。

猫缶の大きさ

猫缶にどれくらい入るのか計ってみた。これはピュリナのやつ。100ccのビーカーで2杯は入る。200ccってことだ。これに十数杯は確実に受け取った。15杯だとしても3リットル、その他、地面に流れていった量を考えると、4リットルぐらいはあるんじゃないだろうか。もしかして、リザーバタンクが5リットルだとしたら、5リットル漏れたのかも。引火しないでよかったー。




 

代車のE280

この小豆色。あまり走ってない色です。レンタカー扱いだけどかなり綺麗。どこにも汚れや傷が無い。

 

代車のE280は実は

ご飯を食べに代車に乗って中華料理屋さんに行く途中、インパネをまじまじと眺めていると、3万キロ台だと思っていた走行距離計の最後の桁に点がある。あれ?ということは、この下に出ている9千キロ台の数字がトータルってことか。なーんだ、3万キロにしてはいやに新しいと思ったんだよなぁ。

 

最終回

今日、夕方、修理が終わったと連絡が入ったので車を引き取りに行きました。いやー、本当に直ってよかった。ディーラーは何かのフェアで車が沢山。確か傘を配っていたな。そんなこと、今はどうでもいいぞ。
燃料タンクの図解を見せてもらいました。赤い丸で囲まれた部分が今回交換されたホースで、これに亀裂が入って83番のタンクに溜まっている分のガソリンが流れ出したようです。リザーバタンクかと思ったら、正式名称はベンチレーション用エクスパンションタンクと呼ぶようで。74番の給油口のすぐ先についているタンクです。ここから入れたガソリンは一旦83番に溜まったあと、62番を伝って下の大きなタンクに入るようで。その時、大きなタンクの空気が抜けないとガソリンが入らないので、101番の経路を伝って上にガスが抜ける仕組みだとか。この図だと110番か104番に亀裂が入ると、上のタンクに溜まったガソリンはみんな出てきますね。
修理に掛かった費用は4.2万円程度でした。一緒に切れていたフォグランプと読書灯も交換。

CLKに乗り同じ道を帰る。おや、CLKのほうが大きな通りでは乗り心地がいいかも。カブリオレで重いせいだろうか。ずっしりしている。ハンドルも重い。裏道の凸凹したところでは、はやり足回りのガタが目立ってしまうので負け。それより加速感が全然ちがうな。CLKのほうが元気。1日乗っていただけでこんなにE280の感触が体に染み付いてしまうとは。CLKのダンパーとブッシュを替えてあげたいもんです。

他の車の話題はこちらへ