へーベルハウス、25年点検

うちはへーベルハウスなのですが、大規模なリフォームをして内装に関してはほぼ前景を残していません。確か数年前に旭化成から築後20年の点検ですと、案内が来ていたのですが、リフォームしたばかり出し、都合合わせて時間作るのも面倒だな。と、放っておきました。また、今年25年目の点検の案内が来ていたので、とりあえず受けてみたわけです。

なかなか都合が合わず、やっと日取りを決めたら、点検員の人が急病で入院してしまい、2回目の日取りでようやく点検をうけることが出来ました。チェック項目は家の外回りで、屋根、壁、基礎、ベランダなどです。屋根はこの前UHFアンテナをつけるために登ったら、谷の部分に敷いてある鉄板がさびていたので、改修しないといけないなぁと思っていたところでした。壁の調子はよく、リフォーム時に塗り替えているので問題なし。基礎はハンマーと回転式記録用紙がついたヘンテコな機械で強度を計り、ドリルで少し穴を開けて薬品でアルカリ度を測ってました。アルカリ度はOKですが、所々に細い亀裂があるので補修することに。ベランダは手すりの部分の設計がもともと良くないらしく、上についた金物の面と壁面の面が同じために、雨水が隙間から入りやすいということで、処置をすることになりました。

なんと、屋根は私からお願いしたのでお金はかかりますが、基礎やベランダの部分の補修は無料でやるということです。太っ腹の旭化成ですね。値段が高いのはその辺に理由があるのかもしれません。なんでも、へーベルハウスはロングライフ住宅をスローガンにしているので、5年毎の点検で悪いところを直し、家を良い状態に保つので、売却価格が他より高くなる傾向にあるそうです。躯体さえしっかりしていれば内装はリフォームすれば新品になるので、へーベルハウスの中古を狙って住み替えをする方々も多いそうで。50年まで点検して60年持つことを想定しているといってました。

ふーん、それ分かる!リフォームしたとき屋根・壁・基礎以外は全部取り去ったけど状態に全く問題なかったし、新築のようになる。後で気づいたことなんだが、建替えでないから固定資産税が高くならない。リフォームしながら長く使い続けるのは賢いやり方だとおもう。建築廃材も取り壊すより出ないし。

で、今週末、予定していた修繕を実施しました。ところが初日木曜日に予定していた屋根の工事が大雨でできず、金土の2日でベランダと基礎の補修だけをやることに。2日もかかるのかぁ、そんな補修ぐらいで。ベランダの金物を取って処置してまた取り付けるだけじゃないの? やることと工数にギャップがあるように感じていたのですが、やってきた職人の方々は、かなり手のいい人達で、丁寧に仕事していました。リフォーム2回していろんな業者を見てきましたが、旭化成はかなりいい業者を使っています。その辺も値段に入っているのか?

なぜだか点検時の写真がないのだけど(撮影して残しておいたとおもったんだけど)、補修後の写真は撮っておきましたので、解説しましょう。写真をクリックすると大きくなります。

基礎に細いヒビ(1mm以下の極細いクラック)が所々にあったので、少しハツってエキシポ樹脂で固めたあと、モルタルだかコーキングだかで表面を覆います。

隙間を放置しておくと、雨水がしみて、内部の鉄筋がさびて強度が低下したり、酸化が進んでコンクリートがもろくなるそうです。

この処置をされたところは全部で7箇所ぐらいありました。いずれもクラックで内部まで風化していないのでこの処置でOKです。

海に近いところでは、風化が進んで、かなりもろくなっている事例もあり、そういう時はもっと大規模に削り取って基礎を作り直すこともあるそうです。

2階のベランダの上部についた金物のカバーと手すりです。設計ではカバーの側面の面と外壁の面が同じになっていて、外壁の塗装の隙間から雨水が入りやすく、今の新しい家では金物が覆いかぶさる構造になっているので、それと同じように面を少し出すそうです。
この角度から見ると、面が少し出てきて、壁との間になにか挟んでコーキングしているのが分かります。
これは金物を上からみたところです。金物のつなぎ目にはヘンテコなカバーが取り付けられました。
この黒いプラスチックのカバーのようなもの。どうやって留まっているのか分からないですが、しっかりコーキングで雨水が入らないようになっています。むかしは、このカバーがなく、コーキングだけで隙間を埋めていました。
これはベランダ内側の処置です。この壁面の内側はへーベル板ではなく、ケイカル板だそうで。確かにたたいてみると、内側は薄そうな音がします。いまは全部へーベル板だと言ってました。雨水が金物と内壁の隙間から入らないように、金属のひさしの様なものが取り付けられました。

それにしても、無料なのでどれだけの費用がかかっているか定かでないですが、私のリフォームの経験から算出すると、2日間x2人はずっと来てました。2日目はいつの間にか3人いましたけど人件費で12万円ぐらいでしょうか。材料費はひさしの金物が特別なものでもなさそうなので3万円ぐらいでしょうか。合計で15万円ぐらいの補修になると思います。こんなことなら、20年目点検もやってもらうべきだったと、ちょっと後悔しています。

ところで、旭化成のマスコット、イヒちゃんが引退するそうで。誕生から10年経ったので役目を終えるそうです。イヒは旭化成の「化」をもじったマスコットです。奥様にそれを話したら、「じゃ、次はクヒちゃんじゃない?」と提案してくれました。なんじゃそりゃ? 理由を聞くと、旭化成の「旭」をもじって「九日」だという。それ、マスコットにすると変なデザインじゃない? リフォーム計画するときはやる気満々なのに、施工とメンテは全く無関心の奥様からの提案です。