ウォーターベットの防腐剤入れ
年に一度、春はウォーターベッドに防腐剤を入れる儀式があります。ウォーターベッドは水が入っていて、ヒーターでいつも適温になるように温めており(うちの場合は27〜29度ぐらい) 水は10年以上交換しません。その代わり、防腐&メンテナンス剤を入れて水が腐らないように、また、水のバッグのビニールが硬くならないようにします。

不思議なもので、1年経つと、バッグの中に気泡が発生し、寝返ったり歩いたりすると、チャッポンチャッポン音がするようになります。だから、防腐剤を入れるときは、この気泡を一緒に抜いてやるのですが、これがまた思いのほか肉体労働でして。ベッドの端からゴロンと転がったり、少しずつ足で踏み込みながら、気泡を栓の方向へ集めるのにすごい体力を使うのです。栓には空気だけを効率的に抜くためのポンプを取り付けます。ポンプを上下すると空気が上から抜けて中へ逆戻りしない仕組みになってます。簡単な構造なんですが、「あったまいい!」という仕組みです。私はポンプを使って空気を抜く役。奥様は気泡を集めてくる役。奥様疲れてダウンしてしまいました。

このウォーターベッド。キングサイズのワンバッグタイプで重さが約800Kg.、買ってから16年経ちました。これまで小さい穴が開いて水漏れが1回ありましたが、修理のパッチを当てて簡単に直りました。一般に寿命は10年といわれてますが、毎年きちんと防腐剤&メンテナンス剤を入れていればもっと長いと思います。今の防腐剤はマルチパーパスといって、水の防腐とビニールが硬くならないメンテナンス剤が一緒になっているものが主流のようです。買った頃は単なる防腐剤だけのと、マルチパーパスと2種類見かけました。今はマルチパーパスしか見かけません。

重いのでベッドの移動は大変です。昔、リフォームする時ベッドを一旦解体して組み立てなおすことを自分でやりました。まずは水を抜くのですが、ホースを使ってサイフォンの原理で意外と簡単に抜けます。ところが、水を抜いてもバッグの中にはスポンジのようなものが入っており、これが水を吸っていて完全には抜けません。だからペシャンコのバッグでも重いこと重いこと。男二人でやっとこさ丸めて移動できるぐらいで、たぶん150Kgぐらいはあるんじゃないかと。バッグの次はベッドの枠を分解してバラバラに。

組み上げるときは枠を組み立て、ヒーターを敷いて、バッグを入れて、水と防腐剤を入れて完了。ところが、水が温まるまでに3日ほどかかるので、組みあがった日には冷たくて使えません。お湯を入れられれば早まりますが、温度が安定するのにはやり日数は必要でしょう。

普通のコイル式ベッドと比べて高いですが、人生三分の一は寝ているので、私は高い買い物ではないと思います。ただし、重いので設置する場所を選ぶのが難点です。