家の周りの草花

今年のゴールデンウィークは、休みの日の天気が良くて良いですね。これまで雨が降ったのは5月1日と2日だけでしょうか。でも、明日5月6日の最後はまた雨になりそうで、今日が最後のお天気かも。

このちょっとシダ植物っぽいやつ。火を寄せ付けないという蚊連草。ゼラニュームっていうんですかね。今年初めて冬を越したら、なんと花が咲きました。咲くんですねぇ。いつも、夏になる前に買ってきて、空きには駄目になることが多かったので、花を見たのは初めてです。

 

 

隣との間に咲く一連の草花。いま手前の黄色いのが盛んです。簡単には区別できない2種類混じっていて教えてもらったのだが名前は忘れてしまった。右の赤いのは年中咲いている変わった花。本当に1年中咲いている。もうコストパフォーマンス最大!どうしてだろう、よほど植えた場所と相性がいいのかな。隣のおばさんも「いっつも咲いていて偉いわよねぇ」と感心している。私もそう思う。

 

 

今年の冬はあまり寒くなかったので、根がしっかり生えずにビオラ・パンジーの先はイマイチだった。今、最後の一仕事している状態。時間差を狙ったチューリップは殆ど終わってしまった。

  

 

最近流行のブリエッタ。この花、綺麗だが、終盤には臭くて見た目とえらい違う。ハンガーでフェンスに掛けておいたら、いつの間にか地面に種がこぼれたらしく、去年から芝生の一角に生えるようになった。今年も生えてきたが、勢いはイマイチ。

てな訳で、今日は一仕事したら、庭先で焼肉をして、最後の天気を楽しむ予定です。