金色のさなぎ
先日、庭先の植木鉢に奇妙なサナギのようなものがぶら下がっているのを発見。よーく見ると金色に光る1mmぐらいの砂金のようなものが数個ついている。きらきら光ってとっても綺麗。本当に金なのではないかと思うくらい。でも他の姿はグロテスク。成虫になったら、きっとガになるんだと思うが、意外と幸福を呼ぶサナギだったりして。なんたって砂金背負ってますから。これからどうなるのかしばらく観察してゆこうと思う。

   

昨日、別の場所で毛虫を発見。逆さまになってぶら下がっている。ピーン!ときた。こいつ、あの金色のサナギに今から変身するつもりなんだ。この毛虫は花壇でいつも見かける奴だな。こいつもしばらく観察していこう。金色の粒はいつ出てくるのだろうか。そもそも、何のために金色に光っているかだが、鳥はきらきら光るものが苦手と聞く。ぶら下がっている間に鳥に食べられないようにするためだろうか。