インプラント進行中
実は、去年の3月に急に歯が痛くなって、会社近くの人気のある歯医者(てつお歯科クリニック)に無理やり頼んで見てもらった。そこからずっと歯の治療が始まり、会社から近く、しょっちゅう通えるから、ありとあらゆるところを全部直し終わったのが、今年の1月ごろ。途中、やむなく救出できなかった歯が1本と、もうかれこれ抜けてから20年近くになる歯をインプラントにすることにした。インプラントはご存知だろうが、チタン製のピンを顎の骨に埋め込んで、その上に人口の歯をネジ止めする治療方法。これで全部の歯が元通りになって、思いっきり食べられる。今までは、抜けてしまった左側ではあまり噛むことは無く、殆ど右側に頼ってきたので、右側の歯に無理が掛かっていたと思う。

さて、ありとあらゆる部分を直しながら、最後のインプラントになったので、どこからが普通の治療で、どこからがインプラントのためか、自分ではっきり把握していない。ちなみに、2006年3月から12月までは31回通ったことは確定申告の記録からわかった。後々の参考になるよう書き留めておこう。

第1ステップ:ステント作成

歯型を何回か取った。そして、歯が欠けた部分に完成予定の歯の模型を作り、さらに真ん中に金属の棒を差し込んで、チタンのピンを打ち込む方向を決める。この模型をステントと呼ぶらしい。この模型を実際につけてCT撮影をして問題ないか確認する。撮影の前に家に持ち帰ってきたときに記念撮影しておいた。(クリックすると大きな写真になります) 左側が下あごで、右側が上あご。奥歯から2番目と3番目の歯がなくなったので、しっかり噛めない。

 

第2ステップ:CT撮影

ステントをもって大学病院(担当している先生が鶴見大学歯学部だったので、予約を取ってもらって行った)にいきCT撮影をする。この費用が自費になるので5万円くらいかかる。顎の骨の大きさや神経の通っている場所、鼻の奥にある鼻空の位置など、ドリルで穴を開けても大丈夫か、使うチタン製のピンはどの太さがいいか、どの長さまで使えるかとか、いろんなことを多方面から検討するためにCT撮影でないといけないんだそうだ。CTスキャナには初めて乗りました。輪の中に入るとX線を出す機械とカメラが対になってグルングルン回っているんですね。

後日、鼻から顎にかけての連続断層写真を見ながら(これ実物大でした)、下顎に走っている神経(見た目に直径2mm)、上顎の後の空洞がわかった。私、顎の骨はしっかりしているらしく、下顎については一番大きなピンを打ち込んでも大丈夫らしい。上顎は骨の厚さはまあまあなので普通のサイズのを。

第3ステップ:クリーニング

これまで普段の治療で、歯のクリーニングを2回やってきているのだけど、更にもう1回実施。インプラントは歯周病が大敵だそうで、手術前には徹底的に口の中をきれいにしておく必要あり。私の歯みがきが上手でないので、かなり早く歯垢が溜まるようで、染め出しして歯垢の付着率を量って、もっと丁寧に時間を掛けて磨きなさいと毎回指導されてしまう。

第4ステップ:インプラント埋め込み手術

とうとうやってきました手術。これまで体を切った貼った類のことはやったことが無いので、とっても緊張。朝10時15分に病院入り。一番奥の部屋に通されて、今からオペしますー!てな感じの衣装と手袋姿で担当の先生と院長先生の医師2名、助手3名ぐらいで取り掛かる。たぶん、午前の診療はほぼ私1人で独占してたと思う。いつも埋まっている診察台がガランとしていた。治療台に座り、緑色の薬の入った液でうがいをし、まずは下顎から麻酔。その後、口の周りを消毒して(アルコールやイソジンを使った)、全身に手術のシートのようなものを掛けられ、露出しているのは口だけ、あとは全部隠れていて目隠しもされてよくわからなかった。後で検索してみたら、このHPで紹介されている一次手術の内容が目隠しされて行われていた作業とピッタリくる。

最初に下顎の歯茎を切り骨をだす。院長先生いわく、「綺麗な骨だねぇ」 そうです、だってもう歯が抜けて20年近くたってるから骨がすっかり再生されて歯のくぼみはなくなっていると思う。そこからドリルで何回も骨に穴を開ける。ドリルの刃を少しずつ大きくして目的の大きさまで達成。麻酔で痛みは無いけれど、ゴリゴリ振動は伝わるし、意識はしっかりあるし。はっきり言って怖いです。もう冷や汗出てます。

穴が開いたところで、ピン(フィクスチャーと呼ぶらしい)を入れてねじ込んでいく。トルクレンチのようなもの(見えてないけどカチカチ音からすると必要以上にトルクが掛からないレンチのようだった)でグリグリねじ込んでいって埋め込み終了。次に糸で歯茎を縫い合わせて埋め込んだピンを隠してしまう。

ここまでやって、やっと1本完了。ひえー、もう体もたないかも。ホラー映画じゃないけど刺激が強すぎ。意識ないほうがいいかも。あまりに同じ姿勢をとっているので頭の後ろが痛くなってきて、上顎に行く前に柔らかい枕を入れてもらった。

上顎は、この前まで歯があったところなので、まだ骨が埋まっていなく、ドリルで穴を開けるにも意外とスムーズ。やっぱり下顎はすっかり骨が再生されていたので大変だったのだ。同じくピンをねじ込んで縫って終了。

手術が終わったのはたぶん12時を超えていたと思う。体中を覆っているカバーを取り外したら全身じっとり汗でぬれてました。サウナみたいな温室効果もあったけど、それより恐怖心の冷や汗が殆どだとおもう。あまりに衝撃的だったので血の気も引いて、顔色が白いからしばらく休んでいくことに。術後は抜歯と基本的に同じで、激しいうがいをしないことや、血圧を上げるような運動をしないことなど、とにかくしばらく安静にし、薬をしっかり飲むことです。ちなみに、この手術で払った費用は30万円+消費税だった。

そういえば、うがいにイソジンを毎日使っているのを思い出した先生は、イソジンは金属を腐食させるから、これからは使わないようにと。代わりに、変なうがい薬(ガーグルサンスター100Gという名前で歯科医だけで取り扱うらしい)をくれたのだが、これ、歯周病を直すうがい薬で、喉のうがいには使うなと書いてあるんですけど。喉のうがいはこれから何をつかったらいいのだろう。

 

このうがい薬の主成分はグルコン酸クロルヘキシジンというもので、濃度が高いとアナフィラキシーショック(急激な血圧低下、呼吸困難、全身発赤等)を起こすという情報がネット検索すると出てくる。

第5ステップ:抜糸

手術してから1週間後、抜糸を決行。傷は治りつつあるが、歯を磨くとき、上の傷口に歯ブラシの先が当たるとすぐ出血してしまう。下はかなり治って血は出ないが、糸が埋没していくような。傷が早く直るように、週末は奥様がいないことをいいことに、庭先で一人焼肉とビールを浴びていた。昔からの教え。肉には肉。治りが少し良くなった気がする。

診察台に通され上顎の糸から取り外す。それはスムーズだったが、下顎は糸が歯茎に埋まっていって、引っ張り出す時には痛かった。治りが早いと糸も埋まってしまうそうな。

上顎の歯のない部分の隣は削られて仮歯をつけてあったのだが、インプラント前に取り外してあった。もう少し傷が治ってから取り付けようと1週間後に装着することに。

今後の予定としては、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と定期的に観察しながら、チタンのピンの周りに骨が再生されてくっ付くのを確認していくという。まだまだ続く。

第6ステップ:診察とクリーニング

手術から3ヶ月経過。レントゲンを撮ってピンが骨とシッカリくっ付いているか経過観察。ピンの回りはネジがきられているので、埋めた直後は骨が取り囲んでいないので、黒い隙間が見えるが、骨が成長してネジの谷間に入り込んでくると、レントゲンで見ると、黒い隙間がなくなってきているのが分かる。先生はバッチリだという。

クリーニングを行って2ヵ月後にもう一度観察し、それでOKならば歯茎を切って、ピンの頭についているネジ蓋を取り、歯茎で埋まらないような台座を入れていくという。クリーニングをする前に食紅のような色素で歯石のつき具合を染め出すのだが、なんかいやっても歯石はすぐにたまっていくもので。完璧な歯磨きはできないものだ。だったら、3ヶ月に1回ぐらい歯医者に行って歯石を取ってもらったほうがいい。クリーニングしていると眠くなってついついウトウトしてしまう。

第7ステップ:ピンに蓋

10月になったので、もう一度レントゲンを撮って、骨とピンの結合具合を確認。ネジの谷間にも骨がしっかり食い込んで問題なし。次にレーザーメスで歯茎を切ってネジの頭を露出させ、そこにネジの蓋を取り付ける。レーザーメスは切り口から血が出ない。その代わり、歯茎が焼ける匂いがしてちょっと臭いのだ。しかたないけど。この映像は下顎に取り付けたネジの蓋です。これでしばらく過ごして歯茎が安定するのを待ちます。約1時間掛かって上顎と下顎の2箇所に同じ処置がされました。料金は105000円なり。高いなー。
次はこのポッカリ空いたところの型を取って入れる歯を作っていくそうです。

 

第8ステップ:型取り

11月、取り付ける義歯を作るための型を取る。まずは普通に型取り。これで終了かと思ったら、型を取るための型を作るための型取りだった(ちょっとややこしいですね) つまり型を取る枠も丁度良い大きさにしないと正確な型取りができないから、専用の型を作るそうです。

2週間後、型が出来てきました。U字型の型は口にピッタリ合うサイズになってます。この型を使って更に正確な歯型を取ります。今回はいつもとは違う粘土です。2つを混ぜているのでエポキシ系みたいです。この樹脂で型取りすると正確な歯型が取れるそうで、固まってからの取り外しもかなり力が必要でした。

ついでに、入れる歯の色を合わせます。カラータグみたいなので、既存の歯と同じような色になるようにします。せっかくインプラントを入れるので、1コマだけ明るい色にして、最終的に既存の歯も磨いて白めにすることにしました。

第9ステップ:義歯取り付け

12月、とうとう義歯を取り付ける日がやってきました。3月ごろから初めておよそ10ヶ月、長い道のりでした。上下2個の義歯を取り付けます。見せてもらった歯形に乗っかった歯。歯形は確かにかなり緻密な感じです。歯茎に埋まったチタンのピンに、この金色のピンを上にネジ止めして、その上に歯をくっ付けるそうです。この金色の金属、ちょっと高そうに見えたので種類を聞いたら、白金加金という金属だそうです。金とプラチナとその他金属を混ぜた合金で、一番いい金属だそうです。

まずは、金属のネジ蓋を取り、この金色のピンをネジ止めし、穴を埋めて、その上に義歯をセメントでくっつけて完成。20年も歯が無かったところに歯ができると、異物があるみたいで変な感覚です。義歯と既存の歯とのかみ合わせを調整するのにかなりの時間を要しました。義歯の側面には小さいイボみたいなのがついていて、これを引っ掛けて取り外せるようにするみたいです。今日のお値段、42万円(税込み)、これまでインプラント2本で89万円ぐらい掛かりました。高い治療費です。

インプラントの歯ってシッカリしているのに神経がないためか、既存の歯より変な感じです。ガッシリくっ付いているのに他人ごとみたいで。今年一杯はこの状態で経過観察です。