地上波デジタル、アンテナ奮闘記2
UHFアンテナを2つ混合するにはUU混合器という機械を使えばいいことはわかった。これは主に2つの異なる方向に立つ送信アンテナを2本のUHFアンテナで拾って混合して下ろしてくるときに使うらしい。だが、混合器を通すと6dBぐらい減衰してしまうのが普通。だから今のVHF-UHF混合器にUHF-UHF混合器を足す方法ではなく、VHF-UHF-UHFの3本を混合できるものを使ったほうが利得を稼げそう。そこで探してみると、DXアンテナのVUUM-AAなる製品を見つけた。この手の商品は実際に売っていることが少ない。通販でやっと手に入れて、天気の良い休日を待った。それが今日。

前回、急な屋根に上って怖い思いをしたが、その後、左ひざが痛くなり、どうやら無理な姿勢で踏ん張っているうちに、普段使わない筋肉を使って痛めたらしい。今回も同じことになるかも。でも、晴れて地デジが全快になれば最後の1回ぐらい頑張ってみるか。

屋根に上り、すでに付いているVHF-UHF混合器を取り外し、買っておいたVHF-UHF-UHF混合器をつける。左上の写真がその混合器。左の2つがUHF、右がVHF、右から2番目が出力。混合器ってどれも簡単な配線なんだけど、中身はいったいどうなっているんだろう。かなり部品は少ないようだが。

さて、古い混合器を取り外し、新しいのをつける。既存のケーブルを付け直し、古いUHFアンテナのケーブルも混合器に入れた。コードレス電話でテレビの様子を伝えてもらう。ところが、どーもうまくない。古いアンテナだけにすると昔と同じようにTBSが映らなくなり、新しいアンテナだけだとテレビ朝日、テレビ東京が映らない。2つを同時に繋ぐとさらに良くない状況になる。UHFを2本混合するというのは駄目な方法なのだろうか。ひとしきり試して、結局、古いUHFアンテナ1本だけつないで、新しいほうは端子を外した状態で屋根から下りてきてしまった。もー疲れるなぁ。

後からネットで調べて判ったのだが、違う方向のUHFアンテナを混合するのは問題ないが、同じ方向のUHFアンテナを混合すると、互いに干渉して、かえって悪くなることがあるらしい。特に位相が逆になる付け方をすると、全く映らなくすることも可能で、特定の電波をフィルタする方法にも使える方法らしい。だから、そう服するためにつけるなら、同じアンテナで同じケーブルの長さで混合器に入力する必要があり、違うアンテナの場合には、ケーブルの長さを少しずつ調整する必要があるらしい。げー、そんなに面倒なこと、屋根の上で危険と隣り合わせの中で出来ないよ。また今度にしよう。

ところで、調整するといってもどれぐらいケーブルを切りながら様子を見ればいいのだろう、5cmほど切りながら調整すれば良いのか、10cmなのか1mぐらいなのか。アンテナのことを調べていくうちに、1/4波長でアンテナは共振しているらしいから、TBSの22chは周波数が527MHz、これから計算すると波長は56.8cm、1/4すると14.2cmになる。たぶん、14cmぐらいの間で調整すれば利得が極大する場所に当たるのではないだろうか。すると、5cmじゃ大雑把で、2cmぐらいずつ切りながら観察する必要がありそう。これまた面倒ですな。

そんなわけで、また日を改めて第3回目のトライを行う予定です。