ミスティのランニングコスト
1/20に取り付けたミストサウナのミスティ(MiSTY)。いい値段しましたけど、ランニングコストが気になるところです。だって、お湯は霧状にザーザー流しているし、水からお湯にするのにガスを使うし、電気も使う。お風呂にお湯を張るのと、ミスティのどちらがコストが掛かるのか。あまりにも仕組みが違うのでしばらく使ってみないとなんともいえません。あれから1ヶ月以上たち、ガス・水道・電気の検針があったので、前月から比べてどれくらい違うかでランニングコストを考えて見ましょう。

1/20に取り付けたので、影響が出たと思われる箇所を黄色に塗りました。水道は2ヶ月に1回しか検針しません。電気の3月検針はまだ先です。見ての通り、ガス・水道には変化がありません。電気は減っています。電気の消費量はそれほど気にならない製品なので、ガス・水道が変化なしなら、バスタブのお風呂と同じと考えていいでしょう。ミスティ取り付けて依頼、いまだ湯船にお湯を張っていませんし。

ガス 水道 電気
1月 205立方 20立方 692KWh
検針期間 12/9-1/12 11/6-1/5 12/25-1/25
2月 205立方   589KWh
検針期間 1/13-2/8   1/26-2/23
3月 183立方 20立方  
検針期間 2/9-3/8 1/5-3/2  

ずいぶんミスティの特性も分かってきて、冬でも入る10から15分前にスイッチを入れておけば暖かく入れます。30分前から入れるとどこかに書いてあったはずですが、そんなに待たなくてもいいです。ひとりが入って出たら暖房に切り替えて、次の人が入る前にまたミストサウナに切り替えて、服を脱いで入る。この繰り返しでいいかと。

でも、我が家では2人しか入らないので、5人家族ぐらいだとランニングコストに大きな変化があるのかも。ま、今のところはこんなところです。