Let's NoteのWindows Vista アップグレード物語
1月30日にコンシューマ向けにWindows Vistaが発売されましたがもう手に入れましたか?さっそく、「チューチューマウスの対応状況は?」という問い合わせも頂いてますが、私のほうの確認は今からって感じです。

で、まずは手始めにWindows XP + AMD Duron 1GHz + 1GBメモリのマシンでアップグレードをやってみたものの、この程度のCPUでは開発っていう動作をしないです。もともと、Duron 1GHzよりレッツノートのPentium M 900MHzのほうが速いので、最近はもっぱらノートを使っていることが多いですが。とにかく年期の入ったPCにはいろんなソフトが入っているので、Vistaを入れると調子の悪いこと。そりゃそうですわ、Vista対応のソフトなんで1本もないし。

これでは、ちょっとやる気にならないということで、Windows XP + Pentium M 900MHz + メモリ512GBのレッツノートに入れたらどうなるか試してみることに。もしかしたら、意外と使えたりして。アップグレード前にMicrosoftのHPでWindows Vista Upgrade Advisorでレッツノートを確認してみる。注意を受けたのは、ビデオが古いのでAeroが効かないこと、メモリが512MBでは少ないので増やすこと。あと、PC情報ビューアだったと思うが、コンパチでないのでアップグレード前にアンインストールしておくこと、その他はいろいろ書いてあったが、これぐらいの注意点を指摘された。まずはお約束どおり、Norton Ghost 2003でDVD4枚にバックアップを取る。ここでDVDの枚数を節約するために圧縮率をHighにしたのが、後々、大惨事を引き起こすことになるのだが。

バックアップを取って、Vistaでアップグレードを開始したのは土曜日の昼12時ごろ。アップグレードはXPを起動した中からやらないと駄目で、DVDから起動すると別パーティションへのインストールになってしまう。いろんなソフトも含めてしばらくVista環境を試してみたかったので、アップグレードをすることに。ところが、時間が掛かること数時間。インストール画面にも数時間掛かる可能性がありますとは書いてあるが、本当に数時間は掛かった。アップグレードが終わったのは夜の8時を回っていた。この間、最終作業のフェーズ意外は何も手出しする必要なし。あ、何回か再起動するので、BIOSパスワードだけは外しておかないと、毎回入力する必要あります。

さて、アップグレードは終わったが、さすがに重い。Aeroは諦めるにしてもかったるさは何とかならないものだろうか。メモリは増設して512MBなのでこれ以上増やせないし。そこでReadyBoostを試してみることにした。これはUSBメモリなどリムーバブルメモリにスワップファイルの一部を圧縮して書き出すことで、高速化を図るというちょっと面白い発想のテクノロジー。256MB以上である程度のRead/Write速度があるSDメモリやUSBメモリ、コンパクトフラッシュも使えるという。ちょうど、miniSDだがアダプタを履かせて256MBになるメモリがあるのでSDカードスロットに挿す。ところがドッコイ、なんとSDカードスロットを全く認識していないではないですか。ドライバは確かリコーのHostAdapterドライバが入っているのだが、ドライブとして認識していないので、SDメモリカードを挿しても反応なし。あちゃー、こんな所に落とし穴がありましたか。Upgrade Advisorで指摘がなかったと思うけど。そういえば、内蔵WirelessLANは指摘されていたけど、インテルのチップなのにそれはないだろう、と高をくくって強行したら、やっぱり、最後のVista更新でちゃんと無線LANは使えるようになった。

さあ、どうする。こんなかったるいPCでは何もする気にならないし。SDカードスロットはリコー製の特別変わったものでもなさそうだし、念のためPanasonicのHPへ行って確認したが、レッツノートCF-W2のVista対応情報は4月中旬に公開予定となっている。そっかー、SDカードの情報はないか。とりあえずSDカードをUSB1.1のカードリーダ経由でUSBに挿し、ドライブを右クリックしたらReadyBoostのタブで、「対応できないインタフェース経由でだめ」と出ていた。じゃ、ニコンD70に挿してある512MBのコンパクトフラッシュはどうだ。AirHのアダプタに挿してPCMCIAに入れるとReadyBoostは効かないか?これはただのIDEハードドライブに見えるのでNGだった。なんとかSDカードスロットを使うべく、Internet上を検索して、IBMの何かのドライバがレッツノートのSDカードスロットの効く様な記事があったので、試しに強行して入れてみる。 が、 ここからが大惨事の始まり。

格闘の残骸   アップグレード作業中にヨドバシに注文して日曜に届いたSDメモリカード。役に立たなかった。

USB1.1じゃReadyBoostは使えない   コンパクトフラッシュをアダプタ経由で繋いでもReadyBoostは使えない

ドライバが合わなかったためブルースクリーンになり、その後、再起動させても途中でブルースクリーンになってVistaを起動できなくなってしまった。こういうとき、前回起動したときの状況まで戻せるはずなのだが、少し前に、XPの「システムの復元」を無効にしてしまったせいだろうか、アップグレードしたVistaも復元ポイントはなかった。アップグレードはそんなところも引き継いでしまったのだろうか。 ま、ReadyBoostはまたの機会にしてGhostでバックアップ取っておいたので、昨日時点のXPに戻るとするか。土曜日がマルマル無駄になっただけだし。

DVD5枚のバックアップからブートしてリストアを始める。ところが、3枚目に差し掛かったとき、データ伸張でエラーが発生し、復元が止まってしまった。げーげー、ちょっと待ってよ。これしか頼るものがないんだからさ。別のマシンで検索して調べてみると、原因の1つに高圧縮率でバックアップしたのが良くないらしい、高速圧縮か非圧縮でバックアップイメージを取り直してくれというのが、シマンテックの解答だった。時すでに遅し。バックアップした後、ちゃんと復元できるかイメージのテストを省いてしまったからなぁ。この時点で、すでに土曜日の真夜中。幸いにも、12月にHDD交換をする際にバックアップしたDVDが残っているので、最悪12月頭までは戻れるだろう。それでも、そこから2ヶ月間の活動はポイされてしまう。この2ヶ月何をやっただろうか思い出して書き出してみる。メールは1/31にバックアップされているのでかなり戻れるし、重要なソースも一通りサーバにあるし、残るは、最近作っていたスパムメール撃退用サーバソフトが、全く跡形もない状態になるぐらいか。あーあ、ほぼ完成していたのにな。2ヶ月の苦労が台無しだ。これまで毎日100通ぐらい届いていたSPAMメールを追い返して、ほぼ0に出来る完成度だったのに。

気を取り直して12月DVDから復元し、メールバックアップも入れなおし、いろんなファイルをかき集めて復元すること半日。日曜日の昼にやっと1日前の環境に戻ってきましたとさ。あー、24時間で行って帰ってこの体たらく。ノートにVistaなんて試すんじゃなかった。 で、なんとかこの記事を書けるまでになったわけです。

教訓

  1. ノートンGhostで取ったイメージは必ず復元できることを確認すべし。
  2. 高圧縮ではイメージを作らないこと。高速か非圧縮で。
  3. 512MBぐらいのノートにVistaを入れるべからず。使い物にならない。
  4. アップグレード前にメーカーページで対応状況を確認し、情報が得られないなら待つべし。
  5. ソフトが沢山入っているXPからアップグレードすると調子わるくなる。まずは新規インストールでマシンスペックを体感すべし。その前にバックアップを確実に。

ちなみに、チューチューマウスはVistaで何となくは動きますが、明らかに駄目なものもわかってきてます。

  1. InternetExplorer7はセキュリティが厳しくなり、IE7がアクティブなとき何も動きません。
    (Quick電卓、駆け回り、IEナビなど)
  2. どこでもスタートメニューはメニュー右上の写真だけ移動し忘れます。