マクモニーグルは未来を透視できるか

日本テレビの「FBI超能力捜査官」の放送があるたびに感心する一人の人物にマクモニーグルがいます。自宅から地球のどこでも透視するというあの能力は何回見てもビックリしてしまいますが、未来も透視できるというので、本当なら何か役に立つことが書いてないかなと期待して買ってみました。読み終えた感想ですが、彼の透視は空間を越えることは可能かもしれないが、時間を越えるのはあまり得意でないのでは?ということです。テレビで放映している透視の様子は、同じ時間の違う場所が見えるのですよね。時間の違う違う場所ではないので、未来を見るのは難しいのではないかと。

マクモニーグルは時間と空間を透視するのは同じ方法だといってます。あと、時間と空間の概念が変化する時期がやってきて、タイムマシンの必要性がなくなるとも。もしかしたら、マクモニーグルは物理学者がまだ持っていない時空の概念を持っていて、それを理解しているからこそ、透視が可能なのかもしれません。あと、アジアの未来透視は時間概念が西洋と異なるから見えにくいとか。

9.11のテロやイラク戦争を透視していたとありますが、戦争の起こった原因が、イラクがイランに侵攻したためとなっているので、原因までははっきり分からず、戦争が起こっていることだけは見えたのかも。それより面白いのは、1000年後の未来、つまり西暦3000年ごろの未来像がかなり克明に書かれていることです。その辺のSFより面白い風景描写があり、出来れば、その頃まで生きて目視確認してみたいものだなぁと。印象に残った透視は次の通りです。

  • 新東京タワーが完成する前に大地震があって墨田区の地盤が弱いのが判明する。2年遅れで完成して、予定より更に高くなる。
  • 日本人がマイクロ核融合技術を発見する。
  • 東京のデパート前で爆弾テロがあり、長野で大地震が起こる。
  • 日本とハワイの間に火山列島が出現する。
  • 飲み水をめぐってアジアで戦争が起こる。

興味があったら読んでみると良いでしょう。