Wiiを買いました

Wiiの予約が出来たので発売日1日遅れになりましたが、3日に御殿場で買い求めさっそく持って帰って設置しました。写真では大きさが判りませんでしたが、5インチベイに収まるDVD内蔵モデルと同じぐらいです。

購入したのはWii本体、WiiSPORT、はじめてのWiiの3つです。はじめてのWiiはリモコンが欲しくて買いました。ゲームはリモコンの使い方なので、1度遊んでしまえば直ぐに不要になります。Wiiリモコンの単体購入でも良いかもしれません。WiiSPORTのパッケージはDVDの箱と同じ大きさです。Wii本体の箱は見た目よりずっしり重く、中身が詰まっているー!っ手感じです。
Wii本体の箱を開けると、上下2段の重箱のようになってます。Wii本体、リモコン、ニンチャクのほかに、センサーバーという変わった部品や、意外と大きいACアダプタがあります。Wii本体の大きさはちょうど、5インチベイに収まるDVD-ROM内蔵ドライブぐらいの大きさです。
本体を縦置きにしたとき、ゲームキューブのリモコンを差し込むコネクタや、SD-RAMを差し込む口があります。
背面です。上からUSB端子、排気口(ファンがついてます)、AVケーブル差込口、オレンジ色はセンサーバー、ACアダプタが並んでいます。
部品を全部取り出すとこれぐらいの量があり、設置には思ったより時間がかかります。私は準備編マニュアルをゆっくり読みながら、テレビの裏にコネクタで繋いだり、センサーバーを設定したりしているうちに、1時間ほどかかってしまいました。
センサーバーはテレビの上か下に設置する必要があります。私はTVの上のBOSE本体の下におきました。長さ30cmのワイパーゴムぐらいの物体です。左右に赤外線を出すLEDがついているので、これをWiiリモコンが受信して、それを電波で本体に伝えて、様々な動きを捉えるようになっています。
テレビの周りはもう装置で一杯。でもWiiは小さいので右下の角部分に収まりました。TVの前でリモコンをふって操作するので、十分なスペースが必要です。DSの場合はパーソナル化の波でしたが、Wiiはテレビの前に全員が集まるのが基本です。
ここの白い箱で前にスリットがついているのでWiiです。

インターネットに接続しますが、優先ゲーブルな別売りで、Wi-Fii無線LANが標準で内蔵されています。

Miiという自分に似たキャラクタを設計します。リモコンに入れて連れて歩いたり、他の家のWiiに遊びに行って、友達が増えることもあるようです。似顔絵はいろんなパーツからなり、その組み合わせは天文学的数字になります。うまく調整すればかなり自分に似た似顔絵ができます。Miiは遊ぶときに自分であることの確認に使います。
Wiiショッピングでは任天堂が昔売っていたゲームを500円から1000円ぐらいで買うことが出来ます。試しにクレジットカードで1000円分かって、500円を使ってゼビウスをダウンロードしてみました。ダウンロードするとチャンネルに追加されて、選べばゲームできます。

Wiiリモコンを横にして持ち、十字キーと2つのボタンで対外の操作はできます。

さて、何といってもやってみたいのはWiiSPORTです。一通り全部やって官職が本物に近いのはテニスです。ボウリングもまあまあですが、野球はバットを振るだけなので、内容がイマイチ。ゴルフは力の強弱が良くわかりませんでした。テニスではかなり力を入れてリモコンを降っているので、ストラップをつけづに遊んでリモコンが飛んでゆき、ガラスや家具を傷つける可能性があることに十分お気をつけください。テニスを遊んでいる様子はYouTubeのこちらにおいてあります。