リスがやってきた

今週は古い友人が訪ねてくるというので、朝から布団を干して、いつものようにヤマガラにヒマワリの種をやっていた。振り返ると窓際に一匹のヤマガラが倒れているではないですか。さっきまでいなかったにどういうことだ。拾い上げるとまだ生きており、どうやら窓ガラスに勢い億部使って失神してしまったらしい。手の中で温めて次第に元気になったところで放してやると、何とか立ち直って飛び立っていった。

ここまではいつもの通り。何羽ものヤマガラが入り乱れて種を銜えては木に戻り、枝にたたきつけて殻を割って中身だけ食べてまた舞い戻る。それの繰り返し。今日はもう1Kgぐらい食べたのではないだろうか。

今日はあいにくの雨だが、ヤマガラが窓際まで飛んできてホバリングして部屋の様子を見ている。きょうもヒマワリが欲しいらしい。タップリあげてみんなで談笑していると、一匹のリスが現れた!やった!待ちに待ったリスだ。これまでずっとヤマガラと啄木鳥しか来なかったので、この辺にはリスはいないものだと思っていた。種の殻をそこらじゅうに散らかしながらせっせと食べている。時々どこか絵消えてはまた舞い戻るので、その隙にサラダに降り掛ける為に買っておいたクルミのかけらを隣に並べてみた。

そしたら、ヒマワリよりくるみのほうが気に入って、延々ムシャムシャ食べ続けている。人間もヒマワリよりくるみのほうが好みだし。ヤマガラはクルミをひとかけらだけ突いて、その後は全く手をつけなかった。それどころか食べ物とも思っておらず、足で踏んで散らかしてしまう。不思議だ。

リスはビッシリと細かい毛に覆われて、シッポはとてもフサフサしており、雨にぬれても直ぐに弾いて乾いてしまう毛皮を着ていた。前足の指の先には随分と長い爪がついており、これで木を上手に登れるのだと思う。

来週もまた来てくれるだろうか。ヤマガラも可愛いがリスももっと観察してみたい。リスはクルミを食べきることなく、いつの間にか現れなくなった。

そういえば、ヤマガラの中に両足に白と青の標識をつけたのが1羽混じっていた。どうみても人間がつけた人工的なものだ。あれは誰がつけて追跡しているのだろう。