ニコンD70が壊れた&修理完了

先日、親戚の葬儀の写真を撮っていたところ、葬儀終盤に突然D70のシャッターが切れなくなってしまった。これと同じ症状は、今年の7月ごろに始めて出現し、 その時も花展の写真を撮っている時だった。症状は、シャッターを切ろうとすると右肩の液晶ディスプレイにErrと表示されて、カシャ!とシャッターが切れない。もう一度ボタンを押すと、シュルっと巻き戻るようにシャッターが元通りに戻ることもあるし、駄目な時もある。そんな症状を数回経験していたものだから、葬儀に念のためにPanasonicのデジカメも持っていって大事にはならなかった。それにしても、やり直しができないイベントの時にカメラが故障するとあせる。よく報道のカメラマンが首から2台のカメラを提げているのは、こういうとっさの時の予備を持ち歩いているんだろうなぁ。場合に応じて使い分けているのもあるだろうけど。

ニコンのWebに行くと、修理受付がWebから出来るようになっていた。さっそく症状を書き込んで、宅急便でピックアップを依頼する。シャッター関係の修理だとおおよその見積もりは2万5千円と表示されている。まあ、買いなおすより安いしD70は扱いに慣れてきて気に入っているので修理することにした。梱包材も宅配業者が持ってくる申し込みにしたが、ダンボールといくつかのクッション材をもってクロネコがやってきた。この辺のサービスはペリカンのパソコンポのほうが一枚上手だと思う。専用の梱包材がよくできている。11月8日にピックアップされ、翌日には届いたというメールが入ってきた。そのメールに記載されている見積価格は0円。つまり無料修理ということだ。なんか、部品に悪いところでもあったんだろうなぁ。最後に撮影した画像の番号は7076番だったので、これまで7000枚以上シャッターを切ったことになるが、これぐらいで壊れているようでは一端のカメラとは言えないしね。完了予定は11月17日となっている。申し込んでからおよそ1週間半後。

11月14日に修理完了のメールが届いて無事発送したという。予定よりちょっと早い。翌日クロネコから品物を受け取って無事直ってきた。納品書を見ると処置内容にこんなことが書いてある。

露出制御に関する電子部品を交換いたしました。
シャッター動作不具合のためシャッター機構部の部品を交換いたしました。
シャッターチャージ不具合のためシャッターチャージ部の部品を交換いたしました。
各部動作の点検をいたしました。

また、交換部品の一覧はこうなっていた。3箇所の部品を交換されたらしい。

SQ基板部組 RoHS
シャッター部組
絞り制御基板部組 RoHS

更に、お客様への連絡事項にはこんなことが書いてある。

エラー表示、シャッター切れず、各部点検清掃。現在現象は出ておりませんが、告知対象品のため、無償修理とさせていただきます。
お預かりいたしましたバッテリーEN-EL3は問題ありませんので、そのままご使用ください。他に同バッテリーをお持ちの節はご確認をお願いいたします。
電子部品交換および修理の場合、設定内容がクリアされている場合がございます。ご了承くださいませ。

ん?告知対象品ってなんでしょ。知らなかった。Webでニコンのページを探してみたけど見つかったのは、露出制御の電子部品に不具合があるという1件だけ。症状が違うように見えるが原因は同じところにあるのだろうか、確かに露出制御の部品を交換したと書いてはあるが。それに、バッテリーも問題あるんだ。例のソニーのリチウムなんだろうか。とにかく無料で直ってなにより。

さっそく撮影してみる。もちろんちゃんと直っている。ところが、やっぱりというかファイル番号の連番が1番にリセットされていた。1万枚まで行きたかったんだけどなぁ。しかたないか。と思ったら、連番モードの設定がOFFになっていただけで、ONにしたら復活!また7000番台からカウント開始。

今、この記事を書いている最中に、ビックカメラから届いたメールにD40の受付開始と書いてあった。なんだ?D40?この前D50を出してたよね。D80が出てD40が出て上と下に分かれていったんだ。スペックを見るとD70とD40はかなり似ていると思う。軽くて小さくしたというが質感はどうなったんだろうか。D70は持ち歩くには確かに重いが、その分手振れが小さいのでいいところもあるんだけど、D40は400g台のよう。レンズのほうが重そう。