Let's NoteのHDD交換修理

1ヶ月前にPCリフレッシュサービスに出したLet's NoteのHDDが壊れました。あのときHDDも点検してOKでてたのに、1ヶ月で壊れてしまうのはちょっと難です。ある日、突然PCの調子が悪くなり、マウスカーソルが止まったり、Windowsが再起動したりしたあと、次の日には電源をいれても起動しなくなりました。BIOSメニューで確認すると、既にプライマリIDEのHDDが認識されず何も繋がっていないことになってます。HDDアクセスランプは点きっぱなしで、ヘッドは動いているがディスクが回っていないような気がします。

いつものようにPanasonicに電話をして土曜日の午後にピックアップしてもらうことにしました。本来なら修理の見積もり金額を聞いてOKを出してから修理に入るのですが、HDDが壊れていることは明らかで、確認を省いて直ぐに修理してもらえるよう頼みました。  おおよその概算をたずねると6万円といいます。高いですねぇ。以前に電源コネクタ周りを修理した時も2万5千円ぐらい掛かりましたが、6万円とはかなりの金額です。それでも、この薄いノートPCを分解して元に戻す時自信もないし、使っているHDDが特殊品で、モータ駆動が5V、回路が3.3Vで動いているそうで、一般には入手困難なHDDを使っているそうです。Webでは分解写真があったり、HDDのピンを追って、対応する方法が紹介されていますが、思い切って出来る程度の難しさではないようです。

土曜日にピックアップされていったので、日曜に修理され、月曜には受け取れる可能性があります。今までの修理は全部中1日で帰ってきました。今回もそれを期待していたのですが、ちょっと期待を外れました。ピックアップされたPCがいつPanasonicに届くかとWebで配達記録を監視しても、指定の日曜の17時を過ぎても配達される気配がなく、思い切ってペリカンの配達店に電話してみると、日曜日は工場がお休みで配達できないという。えー、いつもなら日曜日も修理をしているはずなんだけど。それよりどうして埼玉に配達されるのかわからず、Panasonicに電話すると、関東から近いのでそちらに送ったといいます。「近い」じゃなくて[早い」なんだけどなな。大阪守口に送っていたら間違いなく月曜日に返却されてきたと思います。

さて、火曜日にPCは届いて料金は5万9千10円でした。予告どおりの値段です。壊れた交換済みのHDDも同梱されており、振ってみるとカタカタ音がします。軸がすりへって隙間が出来ているような音です。今回壊れたのは妻のPCですが、私のPCも最近HDDの調子もイマイチかもしれないし、予防措置で今から交換にトライしてみようと、日立の120GB 4200回転の2.5インチHDDを購入しました。これを使うまでに決心を固めておく必要があります。挑戦したら写真を載せて紹介しましょう。 修理の内訳は次の通りです。

 
部品(HDD) \40500
技術診断料 \13200
パソコンクイックサービス \2500
消費税 \2810
合計 \59010

それにしても40GBしかないHDDに4万円は高すぎませんか? ちなみに交換のために購入した日立のDISKは120GBで11200円です。