フォルクスワーゲンEOSを見てきました

フォルクスワーゲンからメタルトップカブリオレEOSが発売になった。カブリオレ好きとしてはチェックしてこなくてはなるまい。近くにディーラーがあり、電話してみると展示車があるというので早速出かけてみた。

実は、これまでフォルクスワーゲンのディーラーに足を運んだことがなく、よってVWの車をまじまじと見るのはこれが始めてである。展示車は2.0Tのターボ車で、V6で3.2Lのモデルもある。全長が4.4mに3.2Lはちょっとエンジンが大きすぎる気もするが、カブリオレはボディ剛性をあげる為に補強して重くなるものだから、V6でもいいのかもしれない。でも部類としてはコンパクトカーだしターボの2.0Tのほうがマッチしているだろう。

幌ではなくメタルトップの場合、2分割・3分割して後ろのトランクに格納するのが普通だが、なかなかコンパクトに折りたためないためトランクが大きくなり、ちょっと不恰好になりがち。レクサスのCS(もとはソアラだが)も、後ろが長くて、どっちが前だか後ろだかと揶揄されることもある。EOSは少し変わった折りたたみかたで、サイドの棒をうまく畳むお陰で、意外とトランクは短くまとまっている。おまけに板がガラスの部分があり、スライディングルーフにもなるので、うまく作ったな!、という感じ。開け閉めは意外と時間がかかり、25秒で出来るというが、30秒ぐらい掛かっている雰囲気があった。リアガラスに相当するパネル付近の機械が複雑で、えらい沢山機械がついてるなぁ。こわれないかなぁ。と感じる。

内装はごく普通で、豪華でもないが安っぽさもない。質実剛健というところだろうか。後席は意外と狭く。座った時、背筋をピンと張った姿勢で乗せられる。足元は決して広くないが、運転者のシートポジションの位置なら膝が前座席にあたることはない。でも、横幅があまりなく、隣とはかなり接近して座るし、剛性を出すためか後席横部分のボディはかなり厚く出来上がっている。それでも、このクラスの後席としてはまあまあ使えるほうだろう。170cmの大人なら30分ぐらいは座っていようかな。というレベル。

値段も400万円台だが、初めて乗るカブリオレとしては出来も良さそうだし、あまり不満はでないと思う。ボルボもカブリオレを新しくして日本導入するはずだが、あれと競合するのではないかと思う。