みぃちゃん柄システム手帳

バックにペットの写真をプリントしてくれるフラジルイメージを知ったのはおよそ2年前のこと。その前からアニアハインドマーチのバッグを買っていて、みぃちゃん柄のバッグを作ろうかという話にもなったが、あまりに高いので、それは断念。アニアは布でフラジルは本皮で値段も手ごろだから、こっちにしようと決めて、それ以来、バッグ柄にする写真を気にしながら撮影していたが、どうしても「これぞ!」の1枚を決定できないでいた。だって、背景から切り出しやすいみぃちゃんを写すことがとっても難しく、「これはかわいいな」と思う1枚は殆どが全身が入っておらず、バッグにする条件には合っていなかった。

ところで、最近、フランクリンコビーのプライオリティのシステム手帳を使うようになって、手帳サイズなら四角く手持ちの写真でなんとかいけるんじゃないかと、フラジルイメージに相談してみたら、背景の具合がちょうど良いので、合成しなくても手帳化可能ということになった。そのときの合成写真がこれ。緑の線で挟まれた部分が背表紙になる予定。

裏返してカーペットで繋ぐと、模様がうやむやにしてくれて、つなぎ目もわらかないし、ちょうどよい。それから母のところにいるクリンちゃんもバッグにしてみようと、主だった写真を母に送ってもらい、ベッドの背景と合成してもらった結果が、これ。クリンちゃんは体重は8キロを超えているので、大きめに合成してもらった。

システム手帳を製作依頼したのが10月6日ごろ、バッグは10月16日ごろで、待つことおよそ1ヶ月。とうとう完成して納品されてきた。うーん、予想どおりの出来で満足満足。本皮を直接染色するから色が違うと断り書きがあるが、少し茶色が強くなるだけで、ほぼ、そのまま再現されると思って間違いない。

バッグのほうは中身がなにもないので、紹介はこれぐらいにして、システム手帳を詳しくみてみよう。
下の写真は見開いたところで、ピンクの紙はバイブルサイズに合う標準的なリフィル(幅95mm)、ところが私が使っているコビーのリフィルは幅108mm、その差13mmが曲者で、ぴったりファスナーは閉まるのだが、右側のペン挿にペンを入れると閉まらなかった。うーん、この辺がフランクリンコビーのリフィルの困るところ。細身のペンなら何とか閉まるのかもしれないが。

左側は7箇所のカードサイズをさせるポケットがあり、右側は大小2つのポケット。これだけポケットがあればしまう場所に困ることはないだろう。リング径は15mmの標準的な大きさ。

さてと、手帳はOKになったので、次はリフィルをどうするかですね。一般的なバイブルサイズなら問題なく収まるんですが、プライオリティリフィルを幅をどうするか。それはともかく2007年に向けて、いまからニャンの手帳を準備するのもいいかと。