トヨタ工場見学

トヨタの工場見学に行ってきました。妻がトヨタ生産方式関係でトヨタ工場見学に行ってきた様子を聞いて、「これは実際に行って確認しなくてはなるまい」 と私も行ってきました。トヨタ工場見学はホームページで予約できます。

 

最初に訪れたのはトヨタ会館。場所を確認するに住所は豊田市豊田町1番。なんともお金持ちのトヨタらしいね。中には沢山のお客さんが見学にきている。小学生の集団も沢山。1日に数回行われるロボットのトランペット演奏が始まると前には人だかりができる。私の興味はなんといっても2足歩行ロボットのi-Foot、ガンダムに出てくるザクみたいなの。飾ってあるだけで動かないけど、こんなものが出来る世の中になったんよねぇ。愛地球博では実際に動いていたらしいが。館内にはレクサスなど実車の展示コーナー、ハイブリッドシステム、トヨタ生産方式、リサイクル、F1などいろいろ展示物はある。店員がいないので説明はきけないけどレクサス店に躊躇して足を運べない人はここでLS、IS、GSの展示があるから見てみたらどうだろか。今日の来客数は2800人、今年は29万人訪れ、昭和36年から1200万人が訪れているという。

予定時刻に集合してトヨタの用意したバスに乗り込んで元町工場へ移動。ここではクラウン、エスティマ、マークX、プログレ、ブレビスなどを作っている。最初に案内された組み立てラインにはこれらの車がごちゃ混ぜになって流れている。車種ごとの専用ラインはない。見た目にはクラウンが2、エスティマが1の割合で流れているような感じ。あとは殆ど見ることはない。クラウンってこんなに売れているんだ。全数、注文受けたら鉄板を裁断するところからスタートするので在庫なし。いつから受注生産になったんだろ。見込みで作っているものとばかり思っていた。鉄板が切られてから車が完成するまで20時間だそうな。エンジンとかは9時間ぐらい。

ロール状の鉄板を裁断→プレス→溶接→塗装→車体とドアに分解→それぞれ部品を取り付け→ドアと車体を合体→検査 ぐらいの工程で作られているのだが、車体にいろんな部品を手早く簡単に組みつけていく。ドアも意外と複雑な作業を行っていた。ガラス窓を枠にはめるのと可動部が多いからだろうか。

エンジン・ミッションは別の工場で作られ合体していろんな部品とサスペンション・プロペラシャフトなどと合体して塗装されたボディに下からはめ込まれていた。ここでも混ぜこぜに流れておりクラウンとエスティマでは全然構造が違うけど、問題もなく組み立てられていく。 いやー、ここまで淡々と組みあがっていくのを見ていると、車ってこんな簡単に出来上がってしまうんだろうか、なんか寂しいなぁと思ってしまう。それでいて1台数百万もするんだから儲かるはずだよな。簡単だと思わせてしまうほど簡単化している生産方式が凄いのはわかるけど。車の値段はいったいどこで決まるのだろう。元町工場では4400人が働き、1日に440台生産しているという。他の工場でエンジンとか更に人手が掛かっているだろうが10人で1台か。生産ラインを分類すると、組み立てやすいように部品を準備する人、それを運ぶ人、組み立てる人の3種類に分かれる。

次に同じ敷地にある溶接工場に移る。ここではプレスして型抜きされ仮組みされた車体をロボットが溶接している。ラインにはバラバラの車種で10台ぐらいの車が流れ、10数台の溶接ロボットが脇を固めている。みなさんもテレビで見たことあるでしょう。車体をアーム型ロボットが無人で溶接するシーン。まさにあれを上から眺めることができる。1回の工程で車1台分流れるのだが、1コマ進むたびにロボットが待ち構え、流れが止まると、ロボットが一斉に車体に襲い掛かる。溶接して火花が飛び散り、そのカスを掃除するロボットもいる。ピラニアが餌をむさぼるような怖さがありますね。ロボット自体は映画のエイリアンにも見えるし。 この様子をジッとみていると未来の生産工場はみんなこうなってしまうんだろうか。なんか怖いな。人間はどこで活躍するんだろう。と考え込んでしまう。でも、感動するから実際に見に行くことをお勧めします。

トヨタ生産方式の基本は、後工程が前工程に部品を取りにいく。だから在庫を持たない。この流れの逆転の発想はすばらしいですね。ある意味、ストックを持たないコンビニと似ている気もする。工場内には2時間分の部品しかストックがないという。だから去年のように名古屋に大雪が降ると部品を工場間で運べなくなって生産が止まってしまうそうな。