ガラス職人へ転進

私が新入社員だったころ会社にとても頭のよい柳下先輩がいました。当時は研究所と一緒に色に関する仕事をしていて、印刷の色を合わせるにはどうしたらいいか、みたいなを研究していたと覚えてます。それから数年したころに、先輩が急に会社を辞めると言い出しまして、ガラス職人になろうというではありませんが。今から10数年前にコンピュータ屋からガラス職人ですよ。当時はとてもビックリしました。

それから3年ぐらい経ったある日、我々夫婦と両家族の両親あわせて数名で、家族旅行で能登へ行きました。石川県が地元なので、能登は1日あったらいってこれる観光スポットでした。七尾あたりの旅館で1泊し、翌日、能登島ガラス美術館をめぐっていたとき、暑そうなガラス工房を見学していたら、「どこかで見たことある人がいるなぁ。あれ? あれ? あれ柳下さんじゃないのかぁ。 そうだぁ、柳下さんだよ。おーい、おーい」と窓越しに手を振って一生懸命見つけてもらおうとしましたが、ご本人は製作中で真剣なのでなかなか気づきません。やっとのことで気づいてもらえて、手の空いた隙にお話することができました。当時はまだガラス猛勉強中で、それでもいろんな作品を作っているを教えてもらいました。それにしても、関東から遠く離れた地で、偶然出会うこの奇跡。ほんと、ビックリしましたねぇ。

それから数年経った頃、個展の案内を頂きまして、毎年作品がだんだんと難しく高度になっていくのがよくわかりました。いつも東京でこの時期に開催しているのですが、なかなか見に行く暇がなくて。今回も案内を送っていただいたのがこの写真。この直交する模様はどうやって作るんでしょうねぇ。今度こそはと思ったら、ちょうど、今週末、トヨタの工場見学の予定が入ってるんですよ。そんなわけで、皆さんにも柳下さんの作品を見ていただきたく、個展の紹介させてもらいます。

■ 柳下 秀樹 ガラス展 ■

10/2(月)〜10/7(土)

銀座 ACギャラリー
中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F
(地下鉄銀座駅B5出口、徒歩1分)

 11:00〜19:00(最終17:00)