レクサスLS460に試乗してきました
とうとう発売されたレクサスLS460にさっそく試乗してきました。今回乗ったのはLS460バージョンS・Iパッケージです。GS450hの試乗のときと同じ高速コース(というか有料道路ですが)を走って高速走行もしてきたのでGSとの比較も出来ると思います。3時半に到着して店を出たのは6時半を回っていたでしょうか。あまりに沢山のおしゃべりをして頭が情報で満タンになってしまったので、忘れないうちにマインドマップにメモしておきます。お好きな方はこちらも参考にするといいでしょう。

乗り込む前にリモコンキーを渡されました。手をハンドルに差し込むとロックが解除され、ハンドルについた黒いボタンを押すとロックする最近のやつです。こういうのは昨日の雨のときは便利ですよね。ドアを開けてシートにすわりポジション調整。3個メモリできる電動シートは普通のものです。ただ前方向に伸ばせるのは新しいとか。BMWにもついていますけどね。

ブレーキを踏んでスタートボタンでエンジンスタート。ブゥォーンとエンジンが掛かります。インパネの中央にはブラウザ画面か?と思うような絵のついたイメージでドアが開いているとか表示してあります。これは綺麗です(あとで気にもかけなくなりますが) 通りを出て直ぐにICに入り合流。合流したところで前後に車がいないのを確認して一気に加速。加速は力強いですが、加速感はGS450hには敵いません。あっという間に150km/hぐらいにはいきます。でもメーターが180km/hまでしかないので、「ん?針があんなところまで回って大丈夫か?」と一瞬不安がよぎりますね。スピードが上がってもエンジンはうるさくありません。

ステアリングを左右に切ってロールさせてみます。意外とロールします。路面の大きなうねりで車体が大きくうねるので、ちょっと気持ち良くないなぁ、と話したらサスペンションをスポーツモードに切り替えてくれました。このスポーツモードで丁度、メルセデスの雰囲気と同じぐらいだと思います。エアサスなので2cmぐらい車高を上げることも可能とか。雪道ではちょっと役立つかも。ロールに関してはアクティブスタビライザーを積んだGS450hのほうが一枚上手。 走り出してすぐに「ハンドル軽いなぁ」とビックリですが、高速走っていても重さがあまり変化するような気がしません。

静粛性はきわめて高く、100km/hぐらいの走行では会話にまったく支障なし。ロードノイズもGSよりは少なく、どこが一番音がしているかと観察すると、隣を走る車の走行音が、サイドウィンドウを通して聞こえてくるところですね。タイヤはランフラットを止めたそうで、オプションでもないそうです。そ、ランフラットは乗り心地の面で不利ですよ。タイヤメーカーはブリジストンのTRANZA?だったか確認し忘れました。LS460はTRANZAだったのは確認。

8速ATは全くつなぎ目が分からず、まるでCVTのよう。変速ショックもなにもなし。おおむね80〜120Km/hで片道を走ってICでUターン。意外と小回りが効く感じで反対車線に回りこんで帰りの高速へ。ギヤ比可変ステアリングのお陰?なんと、電動パワステなのね。いままで気がつかなかった。帰りはあまり飛ばすことなく100km/hで巡航。途中、覆面パトカーを2台発見。よかった、飛ばさなくて。途中GS450hの話になり、GSのハイブリッドもCVTでLS600hもCVTである理由は、エンジンが止まったり動いたりするので普通のATでは制御がむずかしくCVTのほうが簡単なそうな。私はてっきり燃費をあげるために採用しているのかと思った。

ざっと30分ぐらい走ってきただろうか。到着してパーキングブレーキのスイッチを押す。Pポジションに入れてSTARTボタンを押してエンジン停止。ごくろうさまでした。大きいけど楽チンな車という印象ですね。

内装はエントリーモデル以外は皮仕様だが、本皮とセミアニリン皮の2種類があり、セミアニリン皮のほうが高級なのだが、あまりに滑らか過ぎて合成皮革のようにも感じる。エントリーモデルのファブリックもあるが、これはこれで良いかもしれない。布らしくなく複雑な織り目で滑らかだけど滑りにくい。中を見回すと一番残念なのはスイッチ類のちゃちっぽさ。これだけはいただけないな。あと、デザイン的にはGSやISのほうが先進的な高級さがあり、LSは昔ながらの豪華さって感じかな。シートの感触はよく、室内の広さはSクラスとほぼおなじ。昨日、E320CDIを試乗にいったとき、S600が飾ってあったので後部座席に乗って全体を見回したときと同じ感じの広さだった。インテリアの高級感はなんとなくSのほうが上手ですかね。LSは古臭い高級感というか。

外装の色について言えば、予約のうち白6、黒2、銀2の割合で、その他の色は殆ど売れないそうな。私としては赤いのか、ちょっと緑っぽいのか、シャンパン色のが個性があっていいのに、みなさん下取りとか無難な色を好むんですね。白は下取りで+20万円違うそうです。スモールランプに特徴があり、ヘッドライトの内側、人間で言うなら目頭あたりがぼんやり光るデザインで、今までにない特徴なのですが、これ、車幅灯にはならないですね。ウィンカーはレクサスは全部ドアミラー組み込みでなく、普通の独立タイプなのは、外国発のドアミラー一体型を意地で採用しないためだとか。

フロントグリルの端に3枚のパーツが集まる部分があるのですが、これってめくれ上がらないか何となく不安になりませんか?高精度にくみ上げないと出来ない技術らしいですが、今まで出来ないことを出来るからという理由よりも美しさやかっこよさを重視してほしいですね。テールランプの形状が変わっていて、ボディラインとは別の造形があり、ISから技術移転しているらしいです。空気抵抗がなくてCd値0.26を記録しているそう。

コマーシャルでは先進装置満載に聞こえますが、実は結構オプションになっており、ステレオカメラによるプリクラッシュセーフティなんぞ95万円もするオプションだそうで。その代わり、レインキーピングを使うと気持ち悪いぐらい上手にハンドルを切って走ってくれるので、高速に入ったらクルーズコントロールとレインキーピングをONにしておけば誰も運転席に座らなくとも運転できるという。クルーズコントロールは最高115Km/hまで設定可能というが、なんとなく中途半端な数字ですね。私なら最低120km/hまでは設定可能でないと東名では全く使う気にもなれません。時々、お客のなかで全部つけたらいくらになるか?と問い合わせがくるそうで、試しに計算したら1200万円になったといいます。「一番いいのもってこーい」的な社長さんは時々いらっしゃるようで。

燃費については10・15モードは9.1km/Lですが、市内で5〜6、高速で8Km/Lぐらいではないかといいます。GS450hは市内で10、高速で14Km/Lだそうで。

納車は現在4ヶ月待ち。最初の注文の納車は10月第1週ぐらいだそうで、いま巷で走っているLSは全部試乗車だそうです。

総括すると、私の好みはGS450hのほうでした。確かに広くて大きくて静かですが、感動する何かがちょっと足りないなと。それに比べてGS450hはその加速感にはビックリでした。LS600hに期待したいところです。そのLS600hの予定価格が大体分かってきているそうで、一番下が950万ぐらいでないかということ。LS460の量産効果でLS600hの値段を少し抑えて1000万は超えないようにしてくるのが濃厚だそうです。メーカーのマーケッティングとしては、LS460バージョンU・IパッケージにするかLS600hノーマルにするか悩んでもらうという作戦らしいですよ。 さて、今週末は皆さんも試乗にいってみてはいかがですか。

あ、またとっておきの情報を書くのを忘れました。ISシリーズにコンバーチブルを計画しているようです。屋根が硬いタイプのオープンカーでロードスターでないみたいなので4座だと思われます。私がカブリオレ乗っているものですから、「出したらどうですかねぇ」と何気にマーケッティングしてきます。最近になってゴルフとかボルボとか似たようなサイズでハードトップのコンバーチブルを発表してますが、あの系統だと思われます。発売時期は私の感触ではあと2年後ぐらいではないでしょうか。