Webサーバの引越し練習
Core 2 Duoマシンもエージングが進み、まずは大丈夫だろうということで、今稼動しているWebサーバの引越し準備を開始。どうやってVirtual Server 2005に引っ越すか。Microsoftから「Virtual Server 2005 移行ツールキット」、Virtual Server Migration Toolkit (VSMT)が提供されているが、1度試してみたがはっきりいってよくわからなかった。Automated Deployment Services (ADS)が必要だというが、コントロールするサーバがもう1台いるとかどうとか。結局はPXEブートなる方法でサーバからHDDイメージを送り込んでクライアント側HDDに展開するのだが、それならNorton GhostのIPネットワーク越しにHDDを転送するのと理屈は同じだな。だったら、確実にGhostでDVDやHDDにコピーして、それをVirtual ServerのゲストPCに繋いだDVDドライブから読み出したほうが確実ではないかと。
  1. WebサーバにDVD-RドライブをUSB接続
  2. Notron Ghost 2003でSCSI接続したHDD2台(各9GBのチータ)を2枚のDVD-Rへ転送
  3. Virtual Server上にWebサーバに相当するゲストOSを作る。
  4. ゲストOSにSCSIカードを追加して、そこにVirtual Diskを2台繋げる(各16GB)
  5. ゲストOSでCDからGhostを起動し、2枚のDVD-Rを2つのHDDへ展開

ここまでは大丈夫だと思う。問題は現行WebサーバのSCSIカード Tekram DC-390Fが2台で、ゲストOSではAdaptecのSCSIカードになってしまうこと。よって途中でHDDにアクセスできなくなってブートできないのではないか。あと、Etherカードも種類が変わってしまう。とにかくブートさえ出来ればあとはなんとかなるだろう。よって、上記の5番からはTekramのドライバに手作業で入れ替える必要がある。

ここまでは想像がついていたので、前もってヨドバシでNorton Ghost 10を購入。これには旧OS用にNorton Ghost 2003(NG2003)もついてくる。ちょっとNorton Ghost 10で試してみようかと思ったが、そもそもWindows Server 2003はサポート外だったのでインストールすら出来なかった。よってDOS画面インタフェースになるが、NG2003を使うことにする。NG2003はUSBサポート、NTFSを出力先に選べるなど、昔から使っているNorton Systrem Works(2002だったかな)についてきたGhostよりレベルアップしているので、もくろみは達成できるだろう。

さて、週末にもなったことだし、5番までは軽くこなせると思い、WebサーバにNG2003を入れてHDDのバックアップを試みた。ところがだ。設定まではWindows画面でやるのだが、設定が完了するとリブートして、特殊な仮想パーティションに自分を書き込んで、そこからDOSでブートしてNG2003のDOS画面が開いてバックアップが始まるはずだった。黒い画面に出てきた文字は Missing operating system 。それ以降、何回リセットしてもこれ以外の状態にはならなかった。じゃ、バックアップは諦めるが、どうしたら昔のWindows2000Serverが起動するんだ。というところから土曜の夜中が始まり悪戦苦闘。

まずは Missing operating system の意味だが、検索して見つけたこのHPによれば、MBRが変なところを指していて、そこにブートできるOSがないことになる。じゃ、MBRを元に戻さねば。どうするか。MicrosoftのこのHPによれば、回復コンソールが起動できれば、FIXMBRとかFIXBOOTなるコマンドがあるので、なんか元に戻せそう。さっそくWindows2000ServerのセットアップFD4枚組みを作る。あれ、DC-390FのWindows2000用ドライバはどこだっけ。きっと回復コンソールを起動するまでに必要になるよな。FD4枚でブート中にF6を押してDC-390用のWindows2000ドライバを追加しようとするがなぜか失敗。諦めてそのままブートを続けると、回復コンソールまで行き着けた。要するにDC-390はSymbiosチップが乗っているので追加のドライバが必要なかったというわけだ。もうそんなこと忘れているよ。

回復コンソールまでたどり着き、FIXBOOTやFIXMBRを実施しても、今度はブートすると、Error loading operating sysytem のメッセージに変わっただけで、一向に元のWindows2000Serverは起動しない。こうなりゃ、安全のためにまずはHDD2本を何とかDVDに回収しなくては、もっとヘマをして2度と復元できなくなるかもしれない。

FDで起動するNG2003を作り、それにDC-390FのASPIドライバを追加する。これでブートするとNG2003のDOS画面が起動でき、HDD1,2の2台を2枚のDVD-Rに回収した。まずはちょっとだけ安心。

さーて、どうしたものかな。HDDの内容はそれほど変わりないはず。この環境にはFATパーティションがないんだがNG2003はどうやってDOS画面を起動するのだろう。その辺がミソのはず。Webでいろいろ探してみると、どうやらアクティブパーティションが別の部分になっていて、実はそこにはNG2003のDOSパーティションがあるんではないかという推測に至り、手元にあったPartition MagicのPQBOOTコマンドを実行してみると、案の定、その通りになっていた。先頭のNTFS区画をアクティブにしたら、やっとブートし始めた。

まだ道のりは長く、NTLDRのOS選択画面は出てくるのだが、選択しても「ディスク構成が違う」といわれてまた挫折。また回復コンソールでboot.iniをTYPEするとシグネーチャ付きのSCSI用になっている。その辺にあるマシンのboot.iniをFDにコピーし書き換えてCOPYで放り込むと、とうとうWindows2000Serverのピロピロ動く画面が出てきた。

ここまでくれば、Plag&Playでいろんなデバイスを認識しながらリブートすること5回にしてようやくまともに起動成功。ここまで途中4時間の睡眠を入れて合計14時間掛かりましたよ。長かった。一時はどうなるかと思った。面白いことに、ゲストOSを構成したときSCSIカード2枚にHDDを2台ずつつけてNG2003で復元したのだが、ブートしたので、IDEに繋ぎ変えてもまったく問題なく動作する。これこそVirtual Diskの技だろう。I/Fカードに影響されず、IDEでもSCSIでも同じく読めてしまうのだ。

さて、ここまで練習してきたので、次はいつ本当にするかだが、2回目は何時間で完了するだろうか。いままでCeleron466MHz、384MBで動いていたWebサーバは、Core 2 Duo E6600, 512MBのゲストOSで軽快に動作することは実証完了。あとはどれだけ安定するか。消費電力は今までより2割ぐらい下がっていそう。

他の車の話題はこちらへ