E320 CDIを試乗してきました
メルセデスが日本に投入してきたディーゼルのセダン。E320 CDIに試乗してきました。日本で販売している最新デザインでなく、その1つ前のデザインでイギリスから並行輸入してきた右ハンドル車。でもデザインの微妙な変更ぐらいで基本的には最新デザインと全く同じです。最新との違いはウィンカーにまつ毛が入っていることとフロントグリルが少し迫り出していることぐらいで、それに気づかないと区別が付きません。

今日はあいにくの雨だったので外でボンネットを開けるわけにはいきませんでしたが、エンジンが掛かって持ってこられた車の前に立つと、微妙にエンジン音が違います。ガソリンエンジンならシュルシュルという感じがピッタリですが、カリカリとう高音質の音のほうが多いです。ただ、大通りに面しているお店なので、フロントグリル前にしゃがみこむと、「うーん、ガソリンとは音が違う」ぐらいの違いで、車に詳しくない人なら区別がつかないでしょう。

さっそく乗り込んでシート・ミラーの調整をして出発。右ハンドルでハンドルセットが左というのはイマイチ操作が慣れません。右に座ると右側にウィンカーがあるのではと右手が動いてしまう。走り出して直ぐに気づいたのは、1速から2速に切り替わるぐらいの速度、たぶん20Km/hぐらいのところですが、アクセル周りのフロアの振動が、「コロコロ」という感触が足を伝わります。30Km/hを過ぎるころには、ロードノイズが勝ってきて、コロコロとした感触も判らなくなります。それから先はもうガソリンとどこも違いません。

近くのなだらかな長い坂道でアクセルをグッと踏んでみます。少し遅れてキックダウンし、そのあとグゥオーとした加速が始まります。かなり力強い加速で、レクサスのGS450hに似ているな、と思いました。メーターを見ると60を針が指しており、この速度で60km/hはないだろう。と思ったらイギリス仕様なので60マイル/hのことでした。加速感はE320の3.2Lガソリン車とは全く違います。さすがに55kgのトルクは力強いです。

あとは、ごく普通の運転で15分ほど走って回りました。そのほかに違いが感じられるとしたら車重の重さでしょう。交差点を曲がる時、なんとなく曲がりにくそうというか、フロントが重いというか、軽快さがないというか。車重の6割ぐらいが前輪に掛かっているような雰囲気を感じます。現にガソリンエンジンに比べディーゼルエンジンは重いそうです。

エンジン回転数はアイドリングで700rpmぐらい。普通に走っていると2000rpmを超えることはないぐらいの低い回転数です。現行モデルの燃費は公表されていませんが、イギリス仕様は14.9Km/Lと発表されています。このまえ、東京から鹿児島まで給油なしで70Lのタンクで1400kmを走りきったという記事が出てましたから頑張れば20km/Lはいけるようで、そうなればプリウス並みになります。

一緒に同行したサービスの方は、CDIが沢山出ると、間違えてガソリンを給油する事故が増えるだろうな、と心配していました。セルフならともかく普通車のセダンでディーゼルは珍しいですからね。もし間違った場合には、エンジンをかけないで全部ガソリン抜いて洗ってあげないといけないそうで、壊れるので決してエンジンをかけてはいけないそうです。ガソリン車に軽油を入れたら壊れはしないだろうけどエンストして回らないだろうということでした。

総括すると、おぉーと感心したのは加速。それ以外はなんとなく違うなぁぐらいの差で、1周回って帰ってくる間に体が慣れてしまって、殆ど気にもならなくなるぐらい、の差でした。

そうそう、1つ書き忘れました。エンジンが冷たい時、イグニッションONでヒーターが入り、エンジンを温めるそうです。これ、昔のディーゼルはみんなそうでしたが、こればっかりは今も変わらないそうで。冷え具合によりますが最大30秒ぐらい掛かるとのこと。それに東京から長野にスキーに行くなど寒暖さが激しいときは、軽油を満タンにしてゆかず、現地で給油しないと軽油が凍る可能性もあるので気をつけたし。