緊急告知、買ってはいけない中国産馬刺し
霜降り具合はソックリポーランド産より格好よいパッケージ一押しの馬刺し」で紹介したポーランド産馬刺し。今日も買い求め、いつものお店に行きました。そこにはポーランド産に混じって中国産の馬刺しが。パッケージングは似ていますが、配色は黒っぽく、宣伝文句に「桜色のお肉がとろけます」なんて書いてあり、「ふーん、バージョンアップしたんだ。でもポーランド産から中国産に変わっているなぁ。見た目の霜降り具合も変わらないし、ちょっと買ってみるか」 と、いつものポーランド産に加えて1本中国産を買ってみました。ところが、この中国産。値段はグラム399円でポーランド産と同じくせに中身は全く違います。切ってみると一目瞭然。パッケージの外から見ていては同じに見えますが、外側にはサシの入った肉をまとわせて、見えないところは赤みの肉です。切ってよーく観察すると2種類以上の肉を繋いでいるのがわかります。おまけに、赤肉のほうにも別の肉を混ぜて繋いであります。要するに外見はポーランド産のような霜降り。中身は赤みにさらに別のサシの入った肉を混ぜ合わせて、なんとなく霜降りっぽく見せているという手の込みよう。これは買ってはいけません。

この中国産の輸入業者はポーランド産と同じなのに、加えて大阪の加工業者の名前が入っているので、この手の込んだ加工を大阪でやってるんでしょう。これでグラム200円ならまだ諦めもつきますが、ポーランド産と同じ399円で売っているなんて「だまされたー」気分一杯です。似ているからといって買ってはいけません。