一押しの馬刺し
連休です。今年は残暑が少なくて過ごしやすい秋です。食欲も旺盛です。でも、この前の血液検査の結果が悪くてあまりウカウカしてられません。今月また再再検査があります。定期健康診断で数値が悪かったので、再検査になり、その数値が悪かったので、再再検査です。体重を減らせば数値が良くなるのはわかっているんですが、ここんところ、体重を減らせなかった理由は。。。「馬刺し」

夏に入る前に、あるお店で馬刺しを発見しました。超低温凍結してポーランドから輸入し、霜降りで、値段も100gあたり398円とそれほど高くもありません。いままで所ジョージと仲の良い静岡の肉屋で買っていた馬刺しは、100gあたり450〜500円ぐらいで、臭みはまったくなくて、味もなんとなくあるかなぁ、みたいな赤みタップリの馬刺しでした。これはこれでうまいんですが、どことなく河豚をポン酢で食べている風な。河豚って肉に味があるというより、食感を楽しんで、味はポン酢が幅を利かせているって感じじゃないですか。

あと、九州の馬刺しも食べたことありますが、霜降りでちょっとコンビーフのような風味があって、静岡のとは全く違い、こちらのほうが旨いと私は思ってはいたんですが。

このポーランド産の馬刺し。とにかくカチカチに凍っていて、超低温というのは液体窒素で−196度で凍らせて持ってくるらしいです。冷凍庫から出して10分ぐらいすると、すこし表面が柔らかくなってきたかなぁー。ぐらいで包丁でザクザク切ります。解凍してから切ろうなんて思っちゃいけません。グニョグニョになって綺麗に切れません。これに生のニンニクを潰し器で潰して醤油で溶いて、つけて食べます。これが甘い!肉の脂が甘いんです。馬刺しがこんなに甘いなんて感じたことはいまだかつてなかったこと。

この馬刺しを発見して以来、週に3回ぐらい食べてこの夏を乗り切りました。だから体重なんて減らない減らない。精力だけはバッチリです。再検査結果で保健師さんから電話が掛かってきた時、「馬刺しタラフク食べて減量に失敗しました」 なんてはずかしくて言えませんよ。

ところで、このタップリの油。食べたら翌日の額が脂でこってり!ってことになりそうでしょ? 私の場合、サラミを1本食べるとそうなりますが、この馬刺しは違う。額が脂っぽくなりません。特徴的なのは、馬刺しを切って時間が経つにつれ、常温に戻ってくる過程で、脂が溶け出して、皿にドベーって広がるくらい、脂の融点が低いんです。よく考えれば、この脂は馬油ですよね。馬油って化粧品とかで売っているのを見たことあるんですが、カサカサした肌によいんでしょうか。

もう20本以上は食べてそろそろ飽きてきたので、ここにお披露目で〜す。なかなか売っている店は見つけられませんが、静岡のある店と川崎のある店で売っているのを発見しました。川崎は100gあたり498円でちょっと高めに売ってます。見つけたらぜひ一度お試しください。ニンニクはタップリ用意しておきましょう。