憧れのスロットカー
1980円と2980円のコースを繋げて大きくする速度で直進とクロスができる不思議なレール 小さい頃、スロットカーという玩具があったのだけど、とても高くて買ってもらえる代物ではなかったのを覚えています。コントローラでスピード出したり緩めたりしながら、クネクネ曲がったコースを2台の車が疾走する。なんてカッコいいオモチャなんだ。だが、これを持っているのは学年で一人か二人。そんな高価なオモチャだったのを記憶しています。

ところが、この前トイザラスに行った時、目の前に1980円のスロットカーがあるではありませんか!1980円? 本当に? 1万円とか2万円じゃないの? どうやらトイザラスオリジナルの商品らしく、この値段設定にできたらしい。特許でも切れたのかな? 1980円のと2980円のと2種類ある。どっちにしよう。こんなに安いのはちょっと怪しい気もするし、とりあえず安いほうにしよう!1980円なら後悔もしないだろう。

2980円の2台の車ところがドッコイ。ちゃんとしている製品です。コースは全長は398cm。ちょっと短い気もするけどかなり遊べる。電源が単1乾電池4本というのは、ちょっと勿体無い気もするが、1980円だから納得もいく。車は2種類あり、裏返してみると磁石が付いている。この磁石が金属のレールと引き合って、コーナー速度を上げても飛んでいかないようになっている。サンプルのコースを試していると、もっとスピードが出る直線的なのを試してみたくなった。コーナー速度も上げるためにその辺に転がっていた磁石を追加して貼り付けてみた。さらに吸いつきが良くなり速度を上げてもコースアウトしなくなる。いいねぇ。コースを繋ぎ変えたり車に細工したり、いろいろ考えるところが。古今のビデオゲームでレースを楽しむより工夫しがいがあるよ。こういう手先を使う遊びをもっとさせなくちゃね。

右が1980円、左が2980円もっとコースを大きくしたら、もっと速度が上がってどんなにカッコいいだろう。そう考えたらコース延長をしたくなった。トイザラスへ行って2980円のセットも買ってくる。こちらのセットは電源にACアダプタが付いている。さらに、クロスするレールを走る速度で直進したりクロスしたり調整できるという。へー、そんなこと出来るんだ。試してみるととても不思議なことに、同一のレールに2台の車があっても、別々にスロットでコントロールできる!スロットカーの基本原理は、レールに流す電流を調整して、それを拾って走る車の速度を調整すること。同じレールに2台の車があれば同じ電流だから同じコントロールしかできないはず。2台とも同じレールに乗っても2つのスロットで別々にコントロール。ふしぎだぁ。ちなみに、2980円の方の車はA,B車があり、スロットでコントロールできる車が決まっている。試しに1980円の車を載せてみたら1台は逆走した。この辺に何か仕組みがあるんだよねぇ、きっと。

右が1980円の車、磁石を後部に追加1980円と2980円のコースを繋いで大きなコースにして楽しむ。実のところ、2980円の車は改造していないせいか、ちょっと速度を上げると直ぐにコースアウトしてしまう。だから難しい。コースが大きいと調子を出してスピードを上げがちだが、あっという間に飛び出して、また大きいから拾いに行くのがめんどくさい。そんな欠点もあるものの、子供の頃の夢をいま実現しているお盆休みです。もし、1980円と2980円のどちらか一方を買うとしたら、2980円のほうがACアダプタも付いていて、コースも長いし、クロスしても別々にコントロールできるし、でもその差は1000円。だから2980円のほうがお買い得かと思いますよ。