室内でラジコン飛行機
この前ですねぇ、トイザラスにふらっと立ち寄った時に東京おもちゃショーのニュースで見たことがある室内用ラジコン飛行機が売ってました。エアロソアラ(AERO SOARER)、1999円なり。おー、こんなに安いんだ。隣に2999円のもある。こっちは持ち運び用のプラスチックケースつき。箱に千円も払うのは勿体無いのでとりあえず1999円のを買ってみました。
この飛行機は室内用で外では飛ばせません。飛ばせないことはないですが、微風でも流れていってしまうほど軽いので、大きな部屋で遊ぶのが大前提。あと、正確にはラジコンでなくて赤外線リモコン。テレビのリモコンと同じく赤外線で通信します。でも、プロペラの回転数と尾翼のラダーの2チャンネル仕様で、プロペラ出力で上下、ラダーで左右がコントロールできる。なかなか考えましたね。ラジコンだと値段が高くなりそうだけど赤外線リモコンなら安くできそう。左写真のように機首を持つのが基本。機体は全身発泡スチロールで、他の部分を持つと簡単に壊れてしまいそうなほどの軟弱さ。もちろん製造は中国製で、精度が悪いせいか、箱から取り出したときは既に機体にそりの癖が付いていた。
機体中央には小さい基板が付いている。赤外線を受信する黒い玉(写真の基板の反対側)が機体左側に付いており、基本的には左側からリモコンの光を受信することになっている。そのせいか、尾翼も予め左に傾いており、左旋回する癖が付いている。それでもラダーを右に切れば一応右旋回も可能です。

基板からは主翼の後ろについたモーターと、尾翼のラダーをう動かす電磁石?へ配線が伸びる。電線は極細でちょっと引っ掛ければ切れてしまう極細。

機首の指でつまんでいる部分にコンデンサーが入っている。軽くするために充電池は使っていない。

プロペラは主翼の後ろ側についている。極小のモーターがついている。これは何に使うモーターなんだろう。携帯のバイブレータに使っているようなものだろうか。まさか、この飛行機のために作ったとは思わないけど。

モーターとプロペラは簡単なギアで繋がっている。精度はあまりよくないけど、これでもちゃんと回るんだよなぁ。最大出力で回すと人が口で軽くフウーと吹くくらいの風量が出る。


これが尾翼のラダー。この仕組みが感動ものです。コイルが巻いてあるから電磁石らしく、ラダーの根っこの磁石と引き合ったり反発したりして、左右に、パタ、パタ、と動く。こんな簡単な仕組みのラダーを見たのは初めて。こんな簡単な仕組みなのにちゃんと旋廻するんですよねぇ。感動です。

蛇を切ってないとき、つまり、通電していない時はブラブラしてるので、垂直尾翼が予め曲がっている影響をうけて、ゆっくり左旋回です。

これが充電風景。リモコンの頭部に差込口があり、機体の基板を差し込むと充電開始。およそ30秒でピロピロ音が鳴って充電が完了。電池はアルカリ乾電池仕様。マニュアルにはニッカド充電池やオキシライド乾電池は使うなと書いてある。でもね、意外とアルカリ乾電池がなくなってしまうんだけど、ニッカドじゃ駄目かなぁ。急速充電になって壊れてしまうのかも。

さっそく充電して飛ばしてみるが、うまく飛ぶようになるまでには根気よく調整が必要で、主に水平尾翼を調整するのだけど、私の場合は少し下げ気味にしたほうがうまく飛んだ。だって、普通に滑空させても機首が上がりがちで、失速して落ちるような癖があったので。

あとですね。室内用なんですが、最低でも8畳ぐらい、出来れば10畳以上の広さがないと、壁に直ぐにぶつかってしまいます。理想的には学校の体育館でしょう。あれだけの広さがあれば気兼ねなく旋廻できそう。夏休みの暇つぶしにおひとついかがですか。安いし。