gigabeat V30Tでワンセグ
かってワンセグをみたのは量販店でauの携帯でちょこっとみただけ。じっくりワンセグを見てみたかったんですが、なかなかワンセグ見れる機械がなくって。で、東芝からワンセグ搭載のgigabeatが出たのでさっそく購入しました。

見た目は小さめのPDAって感じで、底の電源スイッチを入れるとWindiwsのロゴマークが。そうです、Windows Mobileをベースに作ってあります。へー、Windowsってこんなところにも進出してるんですねぇ。音楽・写真・動画はPCにMedia Player 10をインストールしてシンクロしてV30Tに取り込みます。この辺の感覚はWindowsCEの同期と良く似てます。

私は音楽や写真が再生できるのはあまり興味がないので、その辺はおいといて、肝心のワンセグはどうなのか? その1点に絞ってレポートしましょう。 ワンセグが雑誌記事やWeb記事で紹介されるとき、その映りのよさがとても強調されてるので、さぞかし楽しめると思ってました。ところが、綺麗な映像以前に、電波の入りが肝心で、あいにく、私の住んでいるところは難視聴な場所なので、ワンセグが入りません。2階の窓からやっと1局だけ途切れ途切れに受信できる程度。なーんだ、ワンセグって関東ならどこでも綺麗に入ると思ったのに。残念。

気を取り直して、富士山の麓、御殿場・裾野で試してみると、なんとか2局ぐらい入る程度、映れば確かに綺麗なんだけど、それ以前に受信状態がねぇ。 さらに気を取り直して神奈川の川崎でスイッチON。なんと、川崎では地上波と同じ放送が全部入ります。受信状態も良好。おー、これぐらい映れば随分楽しめるよな。要するに、映ればワンセグはバッチリ楽しめますが、映らないとただのHDDミュージックプレーヤになってしまいます。 きっと、Web記事などを書く人たちは都内で実験しているので、映らない時はないんじゃないかな。

画面は3.5型でかなり綺麗な液晶なので、絵は綺麗です。写真も同期して表示してみましたが、こちらも十分に楽しめます。ただし、色の諧調がフルカラーでないらしく、微妙なグラデーションは諧調が分かってしまう。このビデオはフルカラーではないんでしょうか?32K色ぐらいに感じます。

バッテリはまあまあ持ちそうで、1回の充電で1日は困ることはないでしょう。ただし、充電に意外と時間がかかり、満タンになるまでには数時間掛かるかもしれません。最初に充電した時には、なかなか満タンにならずに壊れているかと思いました。充電する時、メモリを表示するために画面全体は暗いですが、バックライトは点灯しているので、あれを消してしまえばもっと早く充電できるんではないかと思います。

あとですね、映れば満足ですが、機能的に不満な点がいくつかあるので、チェックしましょう。

ワンセグのチャネル切換え

地上波デジタルも同じらしいで、デジタルの宿命かもしれませんが、アナログテレビてパラパラと番組をザッピングするような見方は出来ません。チャネルを切り替えるたびにクルクルと待て!表示が出てきて7秒ぐらい掛かります。受信さえ出来ていれば数時間分の番組は出てくるので、この後どんな番組があるかはわかるんですが、いまいち慣れません。

予約録画

予約するとき、まずは予約したいチャンネルを映します。そのあと日付・開始時間・終了時間を入れます。せっかく番組表を受信しているのだから、クリック一発で予約してほしいんですけど。VHSビデオの時代みたいで、HDDレコーダに慣れていると、とても不便に感じます。あと、予約待機中はまたもやバックライトが点灯したまま。あと、予約するときは、まずその番組を受信できていることが重要で、そうでないと時刻情報が分からないといって予約できません。うーん、何のための時刻なんだか。日付や時間を入れるのに。このWindowsMobileは時計を持っていないんだろうか。確かに時計を合わせる設定はどこにもないんだけど。

そんなこんなで、かなり改善を要する出来であります。はい。