綺麗に取り付けられる!耐震ラッチ
今年に入って、関東は小さい地震がチョコチョコあるので、もしや、そろそろ大きいのがくるんでは?と警戒している今日この頃です。で、ホームセンターで耐震ラッチを見つけて、なんとなく良さそうだったので取り付けてみました。耐震ラッチとは、地震でグラッとゆれた時に、扉が開かないようにロックがかかって、中の食器が飛び出さないようにする鍵のようなものです。普段は何の操作もなく開け閉めが出来て、いざというとき、自動でロックされるというところが味噌。昔、食器棚を作った時につけようかと検討したけど、ま、いいや、と予算から削られました。あの時は電機式だったような。
Amazonで購入

いま、食器棚は割れると泣けてくる食器が一杯詰まっているので、値段も一組2500円ほどで手ごろなので後付することにしました。で、なぜ紹介するかというと、素人が取り付けても失敗なく上手にできる、とてもよい商品だったんです、これが。

商品にはラッチ2個とは別に黒いケースが付いていて、「なんじゃこりゃ?」と買って帰って開けてみると、ラッチの位置決めと、対になる扉側の金具取り付け位置をマーキングする超!頭いいケースだったんですねぇ。いや、関心しました。
←左写真クリックでAmazonで購入できるリンクを付けときます。

では、その取り付け方を紹介しましよう。

食器棚はこんな感じで、扉が観音開きでバネ蝶番でパタン!と閉まるタイプ。この商品はバネ蝶番専用で他のタイプには取り付けられないところに注意。

扉一組で商品1個必要なので、上の観音開きの扉2組につけるので、商品も2組必要です。実はポカして1個しか買って帰らなく、あとで買い足しに店まで行きました。

一組の扉を開くと真ん中に棒があるので、上側の棒の両サイドに取り付けることにします。下側には付けられません。商品は上側につけることを前提に設計されていて、ひっくり返すと駄目です。
ここで、黒いケースが登場。ケースに耐震ラッチを差し込んで、取り付けたい位置にガイドをあわせます。ドリルで下穴を開けて長いビス2本で留めます。写真では右側が取り付け終わったところ。左側は黒いケースをつけたままネジ止めしたところです。
ここからが凄いところ。黒いケースをつけたまま扉を閉めます。すると、黒いケースについている2つの鋲が扉に当たって、扉側に小さい穴のあとが2つできます。ここをドリルで下穴開けて金具を取り付けると、ドンピシャリ!の場所に金具が取り付けられるというアイデア。いいねぇ、これ。
鋲の痕が付いたところをドリルで下穴開けます。扉の傾きによって、痕が同時に2つ付かないことがあるので、1個痕がついたら下穴を開けて、もう一度閉めると、今度は鋲が当たり難かったところに痕がついて簡単に場所が分かります。

貫通して表側に穴が開かないよう絶対に気をつけてください。せっかくの食器棚がぁぁぁっつ!となっても後の祭りで奥さんに怒鳴られること確実です。

金具を取り付けたところ。多少上下に調整できるようになっているので、扉の閉まり具合を確認して仮締めし、最後に増し締めします。

黒いケースは1個だけ付いてますから、ここまでの作業を左右扉ごとにやります。商品を2組買うとケースも2つになるので、同時にラッチを取り付けられますが、あせらず手順を確かめながらやるほうがいいでしょう。

さて、地震が来るとどうしてロックが掛かるかの仕組みです。このラッチには金属ボールが入っているらしく、揺らすとコロコロカタカタ音がします。ボールが動くと爪が飛び出してきて、金具が爪に引っかかって扉が開かないという仕組みです。このボールが動いて爪が飛び出すところが商品化の鍵なんでしょう。ちょっと揺するとカシャ!と爪が出てきます。食器棚に取り付けた後、爪を出すには食器棚を揺する手もありますが、それは大変なので、このラッチを下から指でパチン!と弾いてやるとショックで爪が出てきます。いざ扉が開かないか確認するときに使う手です。
取り付け終わると写真左の感じになります。扉を開けても色が似ているし、大きさもぶっとい親指ぐらいなので目立ちません。

扉を閉めてガラス面から斜めに覗き込んでも、ちょっと見えるぐらいです。正面からは全く分かりません。

 

以上、とってもナイスな黒いケースに感動したので紹介しました。綺麗に取り付けようと思ったら電動ドリルがあったほうがいいです。付いているネジは3mmの太さなので2.5mmぐらいのドリルで下穴を開けるのがいいでしょう。金具を取り付ける側についてくるネジは長さ16mmありました。扉の厚さより短くなければ表側にネジが飛び出して洒落になりません!私は心配だったので3mm×10mmのステンレスネジを買って使いました。下穴を開ける時も貫通しないように気をつけましょう。健闘を祈ります!

楽天で探す
楽天市場