駐車場の野良たち
最近の駐車場の野良たちです。グレちゃんが死んでから、せっせとご飯あげてるので、もう脱落者はいません。食うのに困らないせいか子猫も増えないです。やっぱ、食うのに困ると子孫を残そうとするんじゃないかな、と思ってます。
ショボちゃん

グレちゃんと同級です。とてもおとなしく、愛嬌たっぷり。伸びをしたり、地べたをゴロンゴロンしたり甘えます。

あまり強いと他と喧嘩して怪我が原因で死んでしまう確率が高くなるんじゃないかな。グレちゃんはクロちゃんと並んで気が強かったから喧嘩してFIPに感染したんだと思う。

この前、家にあったマタタビを上げたら、確かに喜んだのだけど、グデングデンにはならなかった。

のっそり

本当に動作がのっそりしていて、いっつも、後からのっそりやって来て、気づいてやらないと、ご飯がもらえないぐらいしずか。

あんまり、のっそりしているので、「こっちにきて早く食べなよぉ」と、お腹の下から手を入れて持ち上げても、何の抵抗もしないで、なされるがまま。

こんな闘争心なくて野良やっていけるのか? と疑問で、最初は飼い猫じゃないかと思っていた。でも、ほぼ毎日欠かさずやってくるので、一応野良扱い。

とにかく、みんなの中で唯一からだを触らせてくれる。

おどおど

何するにしてもオドオドしてて、ちょっと大げさな動作をすると、ビックリして引っ込んでしまう。

地面に置いたご飯も、咥えて車の陰に持っていって食べたりする。

見た目には「のっそり」のシッポ短いバージョン。

クロちゃん

グレちゃん・しょぼちゃんと同級のクロちゃん。と思っている。

むかし黒いのが2匹いて、そのどちらかであることは間違いないのだが、そのうち1匹がいなくなって、どっちだか区別がつかなくなってしまった。 でも、黒いには変わりないので、クロちゃん。

この前の冬に、左前足を怪我して、手の先がブラブラしてて、骨折している様子だったが、みんなより余計にご飯をあげて見守ってきたら、足もすっかりなおって、こうして地面についてご飯もたべられるようになった。怪我したときは、3本足で歩いていた。

ショボちゃんと並び、かなり人懐こいほうで、警戒はするけど、食欲旺盛。他の倍は食べようとする。

ま、元気になってくれたからいいか。

 

ぎゃおぎゃお

その名の通り、いつもギャオギャオ鳴いて近寄ってきて、ズボンの裾にスリスリする。そのズボンで家に帰ると、みぃちゃんは感づいて、クンクン匂いをかぐ。

食い意地がはってて、おまけにレトルトでないと絶対気に入らない。カリカリ置いても見向きもしないし。

だいたい、この5匹は必ずやってくるわけで、そのほかに、体が黒くて手足が白い「ソックス」

ピンクの首輪をしていて、どうみても飼い猫の「くびわ」

毛並みがちょっとボロボロで、見るからに昔っから野良やってます、と貫禄たっぷりの「ボス」

なんかも時々やってきて、多いときは8匹ぐらいが輪になってご飯食べてます。