3度目の車検、13万キロオーバー
そういえば、この3月で丸7年になるCLK320カブリオレの3度目の車検を通しました。距離は既に13万7千キロ。1年に100万円ずつ減価償却してくと考えているから、そろそろ無価値になりそうな。それにしても壊れる気がしないのはすごい。使い方がいいのか当りの車だったのか。メルセデスって高いと思われがちだが、メンテナンスしながら、ここまでちゃんと走ってくれれば結構、それなりの価値はあると思う。

整備を見積もってもらったとき14万円コースと、44万円コースがあった。この値段は重量税やリサイクル料金抜きの整備代・部品代の価格。44万円コースにはエンジンプラグやフェールポンプなど、予防的備品交換が多数含まれていたが、どうせ、交換したところで調子悪くなるときは悪くなるわけだし、いま調子悪いと感じていないところを変えると、逆に調子が悪くなりそうなので、14万円コースにしました。ブレーキ液・ラジエター液・ATF交換など普段交換しないものだけにとどめ、エンジンオイルはインジケータが点灯してからに。どーせ、半年もしないで交換することになるんだから。そういえば、2回目の車検のときにエンジンプラグの交換を勧められましたが、特に不調を感じているわけでもないので、掃除してそのままにしておいたらあっさり2年経過。もともと長持ちするプラグではあるらしいです。今回もパスしました。

それにしても、今日、レクサスに行った時も、走行距離のわりに状態がいいとビックリしてましたが、考えてみれば、ブレーキローターは3枚目だし、ブレーキパッドも5枚目。冬タイヤは3セット目。夏タイヤは4セット目。結構消耗品は交換してるわけで。去年の夏には飛び石でフロントガラスが割れたお陰で、殆ど全塗装になったし。そりゃ、走行メータみるまでは、そこまで走っているとは思えないかもね。この調子でいくと、マジで次の車検丸9年、16万キロまで無事走ってくれそうな。