レクサスGS450hを試乗しました
レクサスにハイブリッドが加わりました。去年、修理でプリウスを1ヶ月借りていたときにハイブリッドの燃費のよさに感動して、レクサスにハイブリッドが加わったらぜひ試してみたいと思っていたのです。朝一で電話で試乗の予約をしていったら、時間があれば高速運転試乗をしないかと勧められ、こちらとしては願ったり叶ったりです。エンジンのかけ方はプリウスと同じ。ブレーキを踏んでスタートボタンを押すだけ。何の音もなく走行可能状態になります。走り始めはもちろんモータで音はなし。少し走り出すとエンジンが回っているのがなんとなく分かります。そのまま、近くの有料道路からETCで進入し一気に合流。ここぞとばかりアクセルと踏み込むとググッと加速してあっという間に法定速度を越えていくあたりは、さすが、GS450と4.5リットル並だと番号を付けているだけのことはあります。

さて、本線に入ってまずやってみたのは、ハンドルを右左と振ってボディをロールさせてみました。とくに不安感はないです。まっすぐ走っている時より、ハンドルを切っているときのほうが地面を捉えてる感触があるので、直進よりいい感じかもしれません。逆に直進しているときは、なんとなくセンターに戻ろうとする力が弱いのと、路面の大きなうねりを拾って、フワーンとした大きな揺れが気になります。橋脚のつなぎ目を踏み越える振動はきわめて少なく、ハンドルから路面の状態はあまり分かりません。225/40R18のタイヤからするとビックリする当りの柔らかさ。

途中、80Km〜150Kmぐらいの間で何回もアクセス・ブレーキを踏んで加速・減速をしてみました。アクセルを踏んで直ぐに加速しはじめるのはプリウスも同じで、さすがモーターです。無段変速なのでキックダウンもなく変速ショックは無。ただ、トルクの盛り上がりが2段階に感じられ、最初にグワーンと加速していると、途中に少し中だるみが1回あり、その後、さらに大きな加速がやってきます。この2段階の盛り上がりが3秒程度のなかで起こります。途中の中だるみは何で発生しているのでしょう。

騒音は期待したほど低くはありませんでした。GS430のときの印象プラス、ハイブリッドだから相当静かだと期待していたからでしょうか。腰より上の部分から発生する音は殆どないですが、はやりロードノイズが目立っているのはランフラットタイヤの宿命でしょうか。それとも足回りから入ってくる騒音対策がいたってないからでしょうか。もともとエンジン音も小さいので、ハイブリッドは静かさよりパワーと燃費に役立っている感じです。

残念なことが2点あります。1つは電池がトランクの半分を占めているため、このクラスの標準的なトランクの半分ぐらいしかありません。きっと開けてその小ささにビックリするでしょう。もう1つは、インパネの光の映りこみです。カバーが手前から向こうに上って取り付けられているのと、アルミの磨きだしのようなキラメキがあるので、走行中、何回かメータの針が急に動いた!気がしたが何もなく、結局はキラリと外光が写りこんだだけだったということが数回ありました。トンネルの出口付近や前が暗くて後ろが明るい場所で起こるようです。

今回のハイブリッドのモータは変速ギヤとプロペラシャフトの途中にありかなり凝った作りです。次は来年の秋にLSに搭載されて1000万ほどで出てくるだろうという話でした。GS450hの燃費は10・15モードで14.2Km/Lとなっており、実際に10Km/Lよりは走るだろうけど、燃費よりパワーがある割りに低燃費という使い方に振っているような感じです。プリウスは本当に20Km/L走ってビックリしたんですけどね。

ちなみに、今回試乗したディーラーはレクサス港南台です。去年開店したばかりのときは、随分と混雑して試乗も近所をぐるっと1周でしたが、いまは意外と空いており、近くに横浜横須賀道路が通っているので、試乗車にゆとりがあれば高速走行試乗ができると思いますよ。

P.S. 今回試乗したのはGS450h version Lです。