LINKSYSのルータとマルチセッション
そういえば、ADSL回線を47Mにしたのに、使っているルータが昔のなので、たいしてダウンロード速度も上がらずそのままにしておいたのだが(目的がアップロード速度増強だったので、それでもいいけど)、ADSL回線が2セッションまで張れるのを利用して、次のようなネットワーク構成にしてみました。

ADSLとルータの間にHUBを入れて2台のルータを繋く。左は従来からの固定IP8の昔ルータでNAP/IPマスカレードでWebサーバを公開し、右は新しく買ったLINKSYSのBEFSR41C-JP V3という製品で、@niftyのアカウントをADSL固定サービスに変更して割り当て。DHCPサーバも右側だけONにして、普段使いのPCはこちらからIPを貰い、ケートウェイも右ルータを通って外へ。左右のルータのLAN側は4ポートあるので、お互いに繋いで一体化。こうすると普段使いからWebサーバへも直接アクセス可能だし、右ルータから一旦インターネットに出て戻ってきて左ルータを通ってWebサーバへアクセスも可能。右ルータは左に比べて性能がいいのでダウンロード速度も向上しました。

ところで、このLINKSYS。本当はBUFFALOやIOデータの製品にしようかと悩んでいたのだが、いろいろ検索しているうちに、どうやらLINKSYSの性能がよさそうだということで試し買いした次第。アメリカの製品だし、設定項目が少ないんじゃないかと懸念もあったが、もとがCiscoだからか全然そんなことなし。むしろ最近の日本製の簡単設定を前面に押し出したものより項目が詳細で、ルータ設定が分かる人にはこちらのほうが分かりかも。そもそも簡単設定の紙1枚しかなく、紙マニュアルなしで画面みながらやってくれ!という時点で対象層が何となく分かりますが。

それより何より、まずビックリしたのはチッチャイ!子供の手のひらぐらいしか大きさで、箱を空けた瞬間、子供のおもちゃか?と思ってしまったほど。それと機能面の特筆は、Firewall機能をONにしても全く速度が落ちないこと。手元に余っていたBUFFALOのBLR3-TX4Lは2003年ぐらいに買った製品で、実行で26M、テストパターンで41M出ると書いてあるが、実際にgooスピードテストで測ってみると6M程度しかでない。それをセキュリティONするとガクッと1M台に落ちるというなんとも言えない状況に。そりゃ、SPIが働くと性能落ちるのは分からないでもないが。LINKSYSだとFirewallのON/OFFに関係なく12Mでる。今巷で売っている製品の実効レートってFirewall機能をONにした状態で計ったのだろうか?もしOFFだったら、ONにしたときの性能が売り文句の半分とかだったらガックリだね。

そんなに優秀だったら、左右にルータ分けないで、LINKSYS一本で行けばいいじゃん!と思ったが、最大の欠点はPPPoE unmunberにするとLAN側のIPがグローバルIPになってしまう点。ちょっとその運用はしたくないのよねぇ。でも、それ以外はけってもなく、かなりお勧めですよ!このルータ。